3300円布マスク(アサヒのマスク)は泉大津市の高級マスク?朝日新聞SHOP以外の販売場所はどこ?

安倍晋三首相が4月17日の記者会見で、朝日新聞の記者から

「布マスクの全住所配布で批判を浴びている」

と指摘された際、「御社のネット(通販)でも布マスクを(2枚)3300円で販売しておられたと承知している」と“反撃”する一幕があったことが話題になっていますね!


新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が17日に配布を始めた布マスクは「アベノマスク」と皮肉られ、「サイズが小さい」などの不評の声も多数・・

朝日新聞の質問に対して

「御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたと承知している。つまり、そのような需要も十分にある中で2枚の配布をさせていただいた」

と皮肉った安倍総理・・

朝日新聞社が運営する通販サイト「朝日新聞SHOP」は17日現在で「物流に支障が出る恐れがある」として受注停止となっているのですが・・

実は、安倍総理が批判した「朝日新聞SHOPが販売している3300円の布マスク」は

【泉大津市と地元企業が必死の思いで作った日本ブランドの高級マスク】だということがわかりました・・

「朝日新聞SHOPが販売している3300円の布マスク」はどんなマスクなのでしょうか?

スポンサーリンク

3300円布マスク(朝日新聞販売)は泉大津市の高級マスク?


安倍総理が批判した「朝日新聞SHOPが販売している3300円の布マスク」は

元々は泉大津市と泉大津商工会議所連携のプロジェクトで作られたマスク。

泉大津市と地元企業が必死の思いで作った日本ブランドの高級マスクのため、

公式価格が3300円、

そして、その価格に見合う品質のマスクだということです。

3300円布マスク(朝日新聞販売)は泉大津市(繊維の街)の老舗企業(大津毛織)の手作り?100回以上洗って使える!

南出泉大津市長の“日本一の毛布のまちのマスクプロジェクト”に賛同した地元事業者が一つひとつ手作りで作ったものなのだそうです。

“泉大津産マスク”は洗っても、また使えるマスクで、経済的、環境にも優しいマスク。

創業100年以上の老舗、(大津毛織)を筆頭に、泉大津市内の事業者が一丸になって作った、1つ1つ手作りで、しかも100回以上洗って使えるマスクなので

「3300円」という値段となっているんですね・・

泉大津マスクプロジェクトの布マスクの販売場所は?朝日新聞SHOP以外でどこで買える?

【泉大津マスクプロジェクトの布マスク】は、泉大津市の商工会議所などを含む10カ所で販売されているということです。

そのうち、2枚組3,300円の布マスクを販売しているお店は以下の通りです。

・ふじ薬局上之町店

・タケヤ本店(コスメの森タケヤ
いずみおおつCITY店は休業中)

・セブンイレブン北助松駅前店

 

 


 

安倍総理の3300円布マスクに対する発言に寄せられた声は?

3300円布マスク(アサヒのマスク)は泉大津市の高級マスク?朝日新聞SHOP以外の販売場所はどこ?まとめ

安倍総理が会見でコメントした「朝日新聞SHOPが販売している3300円の布マスク」は

元々は泉大津市と泉大津商工会議所連携のプロジェクトで作られたマスクです。

3300円というお値段に見合った価値のあるものだったんですね・・

スポンサーリンク

1 COMMENT

NO NAME

う~ん、批判じゃないですね。「御社でも3,300円のマスクを販売していたように、需要はある」ですから。マスク自体にケチをつけているわけではないですね。
問題は、朝日新聞がさんざん「布マスクは感染予防にいかなる場合も効果がない」と繰り返し主張していたのに、布マスクを販売していたというダブスタですね。自社でマスクを販売していたのなら、それを自ら否定する記事を書くのは、おかしいと思いますよ。
実際にWHOも医療関係者には不織布のサージカルマスクを勧めていますが、一般人の布マスク着用での感染防止については否定しない(4月6日)と改訂していますし、米国CDCも国民に布マスクの仕様を推奨しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です