神田一秋町長(新潟県阿賀町)の経歴・学歴や家族は?職員にふるさと納税要求?

新潟県阿賀町の神田一秋町長が、町外に住む職員27人に対し、

町長室に呼び出したり、電話をかけたりして、ふるさと納税で町に寄付するよう求めていたことがわかりました。

ふるさと納税は制度そのものがいろんなニュースになったりもしますが

「町外に住む職員27人に対しふるさと納税を要求」って・・

町長に言われたら・・職員は従わざるおえないですし

「パワハラ」になりかねないですよね?!

「圧力と捉えた職員もおり、素直に反省している」という神田一秋町長と

新潟県阿賀町の神田一秋町長とはどのような人物なのでしょうか?

新潟県阿賀町の神田一秋町長の経歴・学歴・町長としての評判や家族などについてを調査してみました。

神田一秋(新潟県阿賀町/町長)の経歴・学歴や家族は?

氏名:神田 一秋(かんだ かずあき)
生年月日:1959年10月8日(60歳)
前職 阿賀町役場職員(阿賀町の健康福祉課長)

2018年11月に行われた阿賀町長選で初当選。

神田一秋町長の学歴・家族などについては分かり次第追記をさせていただきます。

現在60歳ということなので、おそらくご家族(妻や子供、孫など・・)もいるのではないかと思われます。

神田一秋(新潟県阿賀町/町長)が町外職員にふるさと納税要求?

新潟県阿賀町の町長が町外から通う職員に対し、ふるさと納税を利用した町への寄付を求め町長室に呼び出すなどしていたことがわかりました。

ふるさと納税は自治体を寄付で応援する制度で、寄付額の2000円を超えた分について税が控除される仕組みとなっています。

阿賀町の神田一秋町長は新潟市など町外に住む職員のために控除額の上限を記した文書を用意。

去年12月本庁の職員を町長室に呼び文書を手渡したほか、本庁以外の職員には文書をメールで送るなどして職員20人ほどに対しふるさと納税への協力を求めていました。

町長は、職員の住民税額や家族構成を基に、町が調べた上限額を目安として示した文書も用意していたということです。

神田町長は「町外に住む職員が寄付することで、地元に貢献していると町民に思ってもらえるようお願いした」と釈明。

「圧力と捉えた職員もおり、素直に反省している」と述べています。

町長が町外職員にふるさと納税要求?住民やSNSでの意見は?

新潟県阿賀町の神田一秋町長が、町外に住む職員27人に対し、町長室に呼び出したり、電話をかけたりして、

ふるさと納税で町に寄付するよう求めていたことがわかりました。

どんな意見があるのでしょうか?

神田一秋(新潟県阿賀町/町長)の経歴・学歴や家族は?職員にふるさと納税要求?まとめ

新潟県阿賀町の神田一秋町長が、町外に住む職員27人に対し、控除される上限額を調べた上で、町長室に呼び出したり、電話をかけたりして、

ふるさと納税で町に寄付するよう求めていたことがわかりました・・

新潟県阿賀町の神田一秋町長は、もともと阿賀町の役場職員として勤務していたようで、阿賀町健康福祉課長などを経て

2018年11月に行われた阿賀町長選で初当選しています。

「できる範囲で町への思いを示してほしかった」などと説明しているということで釈明もしていますが・・

強制?ともとらえられるやり方でふるさと納税を要求していたのはちょっといきすぎているかな・・・と感じますね。

ふるさと納税の人気(?)が加熱する余り、町長として焦るような気持ちもあったのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です