相澤晃(東洋大)の進路が旭化成の理由は?東京マラソン出場!目標はパリオリンピック?

大学駅伝4強のうちのひとつ東洋大学。

ここ10年の箱根駅伝での総合成績はすべて3位以内にまとめており圧倒的な安定感と強さを誇ります。

またOBではMGCで2位となり東京オリンピックの出場権を獲得した服部勇馬選手も輩出している名門校。

そんな東洋大学を引っ張っている今年の主将であり、学生陸上界のエースともいえる相澤晃選手について紹介します。

スポンサーリンク

相澤晃(東洋大)の進路は旭化成!

相澤晃選手は、日本陸上競技選手権大会にて5月19日に行われた10000mで4位、6月27日に行われた5000mでは5位という成績を残し、ともに学生ランナーではトップの成績をおさめました。

そんな相澤晃選手の卒業後の進路が、旭化成に決まったことが7月1日にわかりました。

旭化成といえば、宗茂さん・猛さん兄弟ら世界で活躍したマラソンランナーを輩出した名門チームです。

ノーベル賞を受賞した吉野彰さんも旭化成の名誉フェローということで、陸上以外でも注目が集まっていますね。

多くの実業団から誘われた中で、相澤晃選手が旭化成で競技を続けると決意した経緯はどうだったのでしょうか?

旭化成には、東洋大の監督を7年間務めた川島伸次コーチや、東洋大時代は各種駅伝で大活躍した大西智也コーチが在籍されています。

1学年上の山本修二選手も旭化成に所属されているので、二年連続東洋大エースを獲得したことになります。

そうした繋がりから相澤晃選手は旭化成入りを決められたのではないでしょうか。

旭化成側も、9月15日に行われた2020年東京五輪マラソン代表選考会に選手を送り込めなかったことから、新戦力である相澤晃選手にとても期待しているはずです。

実業団は大学駅伝とは違い卒業がないので、箱根で活躍した選手が多数所属する旭化成はニューイヤー駅伝ではとても強いのですが、

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)には1人も送り込むことができず、

東京五輪での代表入りが極めて厳しくなっています。

次のパリ五輪選考の頃には、山本修二選手と相澤晃選手の東洋大コンビが軸となって、旭化成マラソンの復活の礎を築いていくことに期待したいと思います!

相澤晃(東洋大)が2020東京マラソンに出場!

日本学生陸上競技連合は、2020年3月に行われる東京マラソンの準エリート推薦選手(学生)を発表し、

その中に相澤晃選手もエントリーされていることがわかりました。

今季の出雲駅伝と全日本大学駅伝で区間新記録をマークした学生長距離界のエースである相澤晃選手ですから、当然かもしれませんね!

男子22人、女子3人がエントリーされた中で、

青山学院大からは3年生の吉田圭太選手や箱根駅伝登録メンバーから外れた4年生の竹石尚人選手も名を連ねています。

スポンサーリンク

相澤晃(東洋大)は旭化成でマラソンに挑戦!パリ五輪を目指す?

相澤晃選手は、東京五輪では10000mでの出場を狙っています。

しかし実は、トラックよりもロードで抜群の強さを誇っているのですね。

今年の箱根駅伝では4区で区間新記録を獲得、1月20日に行われた全国都道府県対抗駅伝では最終7区で社会人選手に競り勝ち、区間賞を獲得され、

郷里の福島県を初優勝に導かれました!

そんなロードに強い相澤晃選手は、21年の米国ユージン世界陸上や24年のパリ五輪では、マラソン代表として期待されています。

マラソン代表になる相澤晃選手が楽しみですね!

まとめ

日本陸上競技選手権大会5000m、10000mにて学生トップの成績をおさめ、

今季の出雲駅伝と全日本大学駅伝で区間新記録をマークしている学生長距離界のエース相澤晃選手の進路は、

所属している東洋大とも縁が深い旭化成になりました!

東京五輪マラソン代表入りが厳しい旭化成の期待の新人である相澤晃選手は、マラソンに挑戦され、パリ五輪を目指していかれると思われます。

卒業後の活躍にも、目が離せませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です