【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームのメンバー!前回順位や選手の画像も!

2020年、令和初の皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会まであとわずかとなりましたね!

皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は、

1983年(昭和58年)、ロサンゼルスオリンピックで女子マラソンが正式種目として採用される前年に、

日本女子陸上競技の中・長距離ランナーの育成強化をめざして創設された駅伝大会です。

オリンピック金メダリストの高橋尚子さんや野口みずきさんをはじめ、数多くの女子ランナーたちを輩出してきた全国女子駅伝。

一般・大学生の選手は全国や世界で活躍しながらも本大会に出場、

中学・高校生選手たちの若い世代は、経験豊かなトップアスリートとともに走ることができる「あこがれの舞台」と、大会出場を目標に掲げて努力しています。

普段の競技生活では触れ合うことのない選手同士が世代を超えて襷をつなぐことや、

地元の選手がふるさとへの思いを乗せて走る姿を観ることができる全国女子駅伝、

お正月の箱根駅伝が終わってちょっとさびしい箱根ロスの駅伝ファンも必見です!

今回は、【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームの選手をご紹介します!

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームのメンバー!

5 秋 田

選手氏名 年齢 ふるさと 所属
藤田 正由加 (フジタ マユカ) 20 ルートインホテルズ
萩野 真紀 (ハギノ マキ) 19 ルートインホテルズ
鈴木 優花 (スズキ ユウカ) 20 大東文化大
髙橋 佳歩 (タカハシ ヨシホ) 20 白鴎大
武内 わかな (タケウチ ワカナ) 18 東北福祉大
柳舘 禎乃 (ヤナギダテ ヨシノ) 18 花輪高
石井 明里 (イシイ アカリ) 18 秋田中央高
大渕 麗奈 (オオブチ レナ) 17 秋田中央高
阿部 円海 (アベ マルミ) 16 横手清陵学院高
吉川 真央 (キッカワ マオ) 16 大曲高
津谷 咲姫 (ツヤ サキ) 14 鷹巣中
津谷 舞姫 (ツヤ マキ) 14 鷹巣中
藤田 未来 (フジタ ミク) 15 鷹巣中

スポンサーリンク

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームの前回順位は?

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームの前回順位は【26位】でした。

スポンサーリンク

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チーム選手の画像や実績!

藤田 正由加 (フジタ マユカ)

ルートインホテルズ女子陸上部所属
生年1999年

出身地秋田県
出身校秋田北鷹高等学校
自己ベスト3000m 9分38秒535000m 16分22秒05

生年
1999年
星座
おとめ座
出身地
秋田県
出身校
秋田北鷹高等学校
自己ベスト
3000m 9分38秒53
5000m 16分22秒05

萩野 真紀 (ハギノ マキ)

ルートインホテルズ女子陸上部所属
生年2000年

出身地秋田県
出身校秋田北鷹高等学校
自己ベスト3000m 9分30秒395000m 16分17秒93

生年
2000年
星座
てんびん座
出身地
秋田県
出身校
秋田北鷹高等学校
自己ベスト
3000m 9分30秒39
5000m 16分17秒93

鈴木 優花 (スズキ ユウカ)

大東文化大学2年生。
1999年9月14日生まれ (年齢 20歳)
2019年夏季ユニバーシアードハーフマラソン個人・団体金メダリスト。

ベスト記録:15.37.71(5,000m)
32.37.54(10,000m)
1.11.27(ハーフマラソン)

秋田県大仙市出身。
大仙市立中仙中学校時代に陸上競技とバスケットボールの二刀流でスポーツに打ち込む。

秋田県立大曲高等学校に進学後は陸上競技一本に専念
2018年に大東文化大学スポーツ・健康科学部スポーツ科へ入学。
近々マラソンに挑戦し、パリオリンピックを目指す事を明らかにしています。

髙橋 佳歩 (タカハシ ヨシホ)

白鴎大学2年生

武内 わかな (タケウチ ワカナ)

東北福祉大学1年生

柳舘 禎乃 (ヤナギダテ ヨシノ)

花輪高校3年生

石井 明里 (イシイ アカリ)

秋田中央高校3年生

大渕 麗奈 (オオブチ レナ)

秋田中央高校2年生

阿部 円海 (アベ マルミ)

横手清陵学院高校1年生

吉川 真央 (キッカワ マオ)

大曲高校1年生

津谷 咲姫 (ツヤ サキ)

北秋田市立鷹巣中学校3年生
津谷咲姫選手、津谷舞姫選手は双子のランナーです。

津谷 舞姫 (ツヤ マキ)

北秋田市立鷹巣中学校3年生
津谷咲姫選手、津谷舞姫選手は双子のランナーです。

藤田 未来 (フジタ ミク)

北秋田市立鷹巣中学校3年生

スポンサーリンク

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームのメンバー!前回順位や選手の画像も!まとめ

【都道府県対抗全国女子駅伝2020】秋田県チームのメンバーをご紹介しました。

秋田県チームはなんといっても、ユニバーシアード夏季大会の陸上女子ハーフマラソンを制した秋田県大仙市出身の鈴木優花選手に注目ですね!

昨年は大学女子駅伝でごぼう抜きを連発し、今年3月には初めて挑戦したハーフマラソンでも優勝。マラソンでの五輪出場を夢見て成長を続ける鈴木優花選手。

鈴木優花選手の姿に憧れている中高生も多いと思います。

秋田から世界に羽ばたこうとしている鈴木優花選手、秋田県の順位をどこまで上げることができるでしょうか?

また、中学生は全国大会の7位入賞の鷹巣中学校女子駅伝部のメンバーが選ばれています。

津谷咲姫選手、津谷舞姫選手の双子ランナーの今後も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です