加藤淳(駒澤大)の出身中学高校や性格は?2020箱根は何区?駅伝の成績やベスト記録も!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

平成の箱根駅伝といえば・・

平成の常勝軍団と言われた【駒澤大学】があまりにも有名ですよね!

駅伝と言ったら駒澤!というイメージは今も強いですし、

「男だろ!」のゲキの大八木監督の指導や、

先日はMGGの男子マラソンで見事!駒澤大学のOBである中村匠吾選手が2020東京オリンピックに内定をしました!

今季の駒澤大学は、戦力が充実し主軸も好調。

また、5000m13分41秒82のスーパールーキー田澤廉選手が全日本大学駅伝で区間賞を獲得し、

かなり勢いがありますので、箱根駅伝の優勝争いに絡んでくる可能性がかなり高いです!

今回は、勢いに乗っている駒澤大学から主力の3年生のひとり、兵庫県出身の加藤淳選手についてご紹介します!

スポンサーリンク

加藤淳選手(駒澤大学)プロフィール

名前 加藤淳(かとうあつし)
生年月日 1998年8月19日生まれ
出生地 兵庫県
身長 165cm
体重 50kg
血液型 O
出身中学 大久保中学校
出身高校 西脇工業高校
好きな女性有名人 新木優子
好きな食べ物 サーモン 焼き肉
自覚している性格 シャイ
宝物 キプチョゲのサイン入りシューズ

加藤淳選手(駒澤大学)は関西人!大の阪神ファンでもある!

加藤 淳(かとう あつし)
経済学部 経済学科・3年
生年月日:1998年8月19日
身長・体重:165センチ、49キロ
出身地:兵庫・明石市
出身高:西脇工業

加藤淳選手のお名前の読みは「かとう あつし」

にいな〜

じゅん ではない!

関西人らしく(?)大の阪神ファンだそう。

好きな選手は阪神・鳥谷敬。物心ついた頃、2003年・05年の阪神優勝で、気がつけば阪神ファンになっていた。そうです。

こでらん

また、SNSのアカウントについては加藤淳選手とおぼしきものがありましたがここ5年近く更新されていないようです。

加藤淳選手(駒澤大学)の出身中学高校は?

加藤淳選手は明石市立大久保中学校出身です。

中学時代からその活躍は素晴らしく都道府県駅伝の兵庫県代表チームに選出されたり、

全日本中学校陸上競技選手権大会(通称全中)3000mで4位の成績を収めるなど早くからその頭角を現していたようです。

そんな活躍もあり高校は、過去に全国高校駅伝優勝8回を誇る名門西脇工業高校へ進学。

各地からエリートが集う西脇工業の中でも活躍の勢いは止まりません。

全国高校駅伝では3年連続1区を任され、3年次には区間6位の好走。チームも総合6位の成績を収めその記録に大きく貢献しました。

更に、高校生にして5000mの自己ベストが13分59秒03。国体には3年連続出場をし、3年連続入賞を飾っています。

中学校、高校と紹介しきれない程数々の輝かしい成績を残してきた加藤淳選手。

目標にしている選手として高校の先輩、中谷圭佑選手を上げていたことが関係しているのかはわかりませんが、中谷選手の出身校駒澤大学に進学をしました。

加藤淳選手(駒澤大学)の性格は?

加藤淳選手は自分の事をシャイな性格だと自己分析をしています。

これだけの活躍をしている選手だと知らない人に話しかけられる機会も多そうですが、シャイな性格だと色々と気苦労もありそうですね。

また加藤淳選手の宝物はキプチョゲ選手のサイン入りシューズ。

駒澤大学の原嶋渓選手もサイン入りシューズを持っている!!

こでらん

キプチョゲ選手とは、言わずと知れたケニアのマラソン選手です。

最近では非公認ながら人類初のマラソン2時間切りをした事でも話題になりました。そんなキプチョゲ選手のサイン入りシューズをなぜ持っているのでしょう…?

実はキプチョゲ選手は2018年に来日しています。

その際に、キプチョゲ選手が行う練習を、大学や実業団の選手たちが体感できる「ナイキエリート ランニング キャンプ」というイベントが行われたのですがその会場が駒澤大学のグラウンドだったのです。

加藤淳選手がこのイベントに参加したかどうかはわかりませんが、もしかしたらこの時に何か接触する機会があったのかもしれませんね。

ちなみに大八木監督もキプチョゲ選手のサイン入りシューズを履いていたという目撃談もあるので、ほぼ間違いなさそうな気がします…!

加藤淳選手(駒澤大学)のベスト記録は?

加藤淳選手の自己ベストは5000mが高校時代に叩き出した13分59秒03。

10000mが28分36秒59。そしてハーフマラソンは先日の上尾ハーフで1時間03分04秒の記録でベストを更新しました。

10000mの記録は2018年の11月、ハーフも今年の11月に記録を更新するなど駅伝シーズンに調子を上げているのが伺えますね。

全日本大学駅伝後にスタミナ強化を課題点にあげていた加藤淳選手にとって、ハーフマラソンでの自己ベストは特に嬉しい成長になったのではないでしょうか。

加藤淳選手(駒澤大学)の三大駅伝での成績は?

加藤淳選手の三大駅伝デビューは1年次、2017年出雲駅伝です。

この時は1区を走り区間13位。最後は脱水に見舞われ苦しい走りとなりました。

また、全日本大学駅伝には3年連続出場するなど駒澤大学の主力として安定した活躍を誇っています。

箱根駅伝デビューは2年次の2019年大会。

4区を走りましたが、ラスト5kmで失速してしまい区間11位。

加藤淳選手は駅伝終了後に、レースのラストで失速をしてしまう事が多くそこを打破してリベンジしたいと反省と決意を語っていました。

ハーフマラソンで自己ベストを更新したばかりの加藤淳選手。このままこの勢いで箱根駅伝でしっかりリベンジを果たしてほしいですね。

加藤淳(駒澤大)の出身中学高校や性格は?2020箱根は何区?駅伝の成績やベスト記録も!まとめ

駒澤大学の3年生の主力選手のひとり、加藤淳選手。

2020年の箱根駅伝でもチームの柱として活躍してくれると思います。

全日本大学駅伝ではチーム3位の成績に貢献したひとりでもある加藤選手。

出雲駅伝では2位、全日本大学駅伝ではアクシデントがあったものの3位との駒澤大学。

箱根駅伝では優勝争いに絡んでくる可能性がかなり高いですね。

加藤淳選手の今後の活躍にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です