【2020/7/8長野県千曲川水位ライブカメラ映像】避難・氾濫の情報やリアルタイムの状況!

スポンサーリンク

2020年7月8日午前、

 

大雨特別警報が岐阜県と長野県に発表されています。

 

この先、雨は徐々に弱まる予想ですが、雨が止んでからも土砂災害や河川氾濫への厳重な警戒は必要です。

 

各市町からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとって下さい。

 

大雨の影響により、千曲川に氾濫の危険が高まっていると言われています。

 

※「千曲川(ちくまがわ)」という名前は、日本一長い川として知(し)られる信濃川(しなのがわ)の長野県内(ながのけんない)でのよび名です。

こちらの記事では、2020年7月8日午前9時30分時点での長野県・千曲川の水位ライブカメラの映像、

氾濫の様子や場所、リアルタイム情報、避難指示情報などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【長野県・千曲川ライブカメラ映像】

 


【長野県・千曲川ライブカメラ映像】

長野県・千曲川)の水位ライブカメラの映像についてですが・・・

ライブカメラの映像を多くの人が閲覧しようとしているようで

アクセスするのに時間がかかるようです

TwitterなどSNSやYouTubeなどでも長野県・千曲川水位のリアルタイム情報を発信されている方がいますので、

検索などで確認したほうが早い場合があります。

スポンサーリンク

長野県・千曲川の普段の様子や水位は?

※「千曲川(ちくまがわ)」という名前は、日本一長い川として知(し)られる信濃川(しなのがわ)の長野県内(ながのけんない)でのよび名です。

千曲川の普段の様子はこちら。

とても穏やかな流れの川であることが伺えます。

千曲川が2019年の氾濫したときの様子はこちらです・・

長野県・千曲川の水位・リアルタイムでの情報は?

長野県・千曲川の水位・リアルタイムでの情報を下記にまとめました。

(午前10時で確認できている情報です)

スポンサーリンク

長野県・千曲川周辺自治体の避難指示の状況は?


気象庁は午前6時43分、長野県南部、松本地域、乗鞍上高地地域に大雨特別警報を発表しました。5段階の警戒レベルのうち最も高い「レベル5」にあたる情報で最大級の警戒が必要です。

これまでに降った大雨で数十年に1度しかないような甚大な被害の危険が迫っているとして最大級の警戒が必要です。命を守る行動をお願いします。

気象庁は、周囲の状況を確認し避難場所までの移動が危険な場合は、2階にのぼったり崖と反対側の部屋に移動するなど少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るように呼びかけています。

 

<氾濫水位レベル1~5>

  • 水防団待機水位に到達(レベル1) 今後の天気予報に注意
  • 氾濫注意水位に到達(レベル2) 避難の準備を始める
  • 避難判断推移に到達(レベル3) 避難するか留まるか判断する
  • 氾濫危険水位に到達(レベル4) 避難場所に到着している
  • 氾濫発生情報(レベル5) 身を守ることだけ考える


【大雨特別警報】
松本、乗鞍上高地、飯田市、伊那市、安曇野市、宮田村、阿南町、阿智村、下條村、売木村、上松町、南木曽町、王滝村、大桑村、木曽町

【避難指示】
阿南町、上松町、下條村

【避難勧告】
松本市、安曇野市 飯田市、天龍村、南木曽町、筑北村、木曽町、生坂村、泰阜村、長野市、駒ケ根市、喬木村、大桑村、高森町、豊丘村、伊那市、売木村、王滝村

スポンサーリンク

まとめ

九州の雨はいったん収まっていますが、東海地方や甲信地方を中心に、非常に危険な雨の降り方をしていて、岐阜県と長野県には大雨特別警報が出されています。9日にかけ、九州でも再び活発な雨雲がかかり、雨が強まっていきそうです。

10日朝までに予想される雨の量は、多い所で、東海で350ミリから450ミリ、近畿で250ミリから350ミリ、九州南部で200ミリから400ミリ、四国・関東甲信で200ミリから300ミリ、九州北部で150ミリから250ミリとなっています。

引き続き土砂災害や河川の増水・氾濫には厳重な警戒が必要です。

長野県・千曲川のライブカメラにはアクセスがしづらい場合もありますが・・

水位上昇の様子はSNSなどのTwitterなどに投稿されていて雨の凄まじさが伝わってきます・・

気象庁などは川の付近には絶対に近づかず身の安全を確保するよう呼びかけていますので

川の水位の情報は絶対に見に行かないようにしていただき、命を守る行動を最優先してくださいね・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です