【全国高校駅伝2019男子】中越のメンバー!注目選手の進路(大学)や出身中学は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する新潟県代表・中越は2年ぶり15回目の出場です。

3年生が2人、2年生が2人、1年生が6人と非常に若いメンバーで構成されている中越高校、

選手の自己ベスト記録や注目選手についてをご紹介していきます!

【全国高校駅伝2019男子】中越高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
丸山真孝
3
14分30秒56
黒谷優
1
15分25秒72
加藤歩夢
3
14分55秒89
小山一太
1
15分06秒06
鈴木孔士
1
15分26秒33
品田滉人
1
15分18秒64
大川拓図
2
15分10秒28
遠藤凜
2
15分26秒65
野村正樹
1
15分41秒56
山崎丞
1

【全国高校駅伝2019男子】中越高校の注目選手の進路は?

【全国高校駅伝2019男子】中越高校の注目選手は、チームトップの5000m【14分30秒56】という記録を持つ

3年生の丸山真孝選手です。

都道府県駅伝では、あの服部弾馬選手とタスキリレーをしている丸山選手・・!

氏名 丸山真孝(まるやま・まさたか)

生年月日 2001年(平13)10月2日生まれ、

年齢 18歳

新潟県三条市出身。

三条市立下田中1年から陸上を始め、中距離で活躍。

中越に入学し、1年から駅伝メンバー。

5000メートルの自己ベストは、14分30秒56。

進路 東海大学に進学予定

身長 172センチ

体重 55キロ

丸山真孝選手県大会は3区でしたが、都大路では1区に抜てきされる予定。

「一昨年の経験者は自分だけ。やらないと」。

一昨年は1年生ながら2区で区間20位の走りを見せている丸山選手。

「今年は先頭集団に入ってつなぎたい」と話しています。

頼もしいエースですね!

丸山真孝選手は、新潟県三条市出身。

出身中学校は、三条市立下田中学校です。

中越高校3年生の丸山真孝選手、高校卒業後の進路は【東海大学】に進学予定です。

中越高校OBは、日本大学の横山徹選手、松岡竜矢選手が2020年の箱根駅伝の日本大学の登録メンバーに選ばれています。

先輩に続いてほしいですね!

【全国高校駅伝2019男子】中越のメンバー!注目選手の自己ベスト記録や出身中学は?まとめ

2年ぶり15回目の都大路出場となる中越高校、

全国高校駅伝では20位台を狙っています。

中心を担うのは1区が予定されている丸山真孝選手。

丸山選手は一昨年の都大路メンバーでもあります。

昨年は第5腰痛分離症などケガに悩まされ続けた丸山選手、

復調した今季、エースとして目標クリアを目指すチームをけん引し、中越高校卒業後は【東海大学】へと進学予定です。

中越高校、都大路で20位台という目標を達成してほしいですね!

スポンサーリンク

1 COMMENT

成岡  力

 中越高校のエース丸山真孝選手には、新潟県大会で3区で区間賞に輝いた走りを都大路で出し、全国の強豪とわたりあって欲しい‼
 服部五輪代表の魂を胸に刻み輝け‼
そして、中越高校の20番台のゴールの牽引者たれ‼☺

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です