永井大育(創価大)の出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝は何区を走る?

いよいよ令和初の箱根駅伝まであとわずか!

2020年の箱根駅伝で3年ぶりの箱根路復帰を果たした創価大学!

箱根予選会では堂々の5位通過で、現チームは創価大学史上最強といわれており、本戦でどれだけ戦えるか本当に楽しみです。

3年前の箱根経験者であるムソニ・ムイル選手と米満怜選手が創価大学チームの両エース。

ムソニ・ムイル選手の爆発力と米満怜選手が往路の要になりそうな創価大学、

中央大学時代には箱根駅伝で4年連続の区間賞獲得し、箱根を知り尽くした榎木和貴新監督が2月に就任。

榎木和貴監督の初采配もみどころのひとつです。

今回は、榎木和貴新監督のもと急上昇をした創価大学チームの主力選手、永井大育(ながいだいすけ)選手をご紹介します。

スポンサーリンク

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)のプロフィール

名前 永井大育(ながいだいすけ)
生年月日 1999年11月20日生まれ
出生地 鹿児島県
身長 172cm
体重 61kg
血液型 B
出身中学 松元中学校
出身高校 樟南高校
好きな女性有名人 高橋李依
宝物 部屋の中にあるもの
気分をあげているもの アニソン
箱根が終わったらしたいこと アキバ巡回

スポンサーリンク

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)の出身中学高校は?

永井大育(ながいだいすけ)選手は鹿児島県の出身です。

出身中学校は、鹿児島市立松元中学校。

出身高校は私立樟南高校です。

河東寛大選手(國學院大學)は樟南高校の先輩ですね!

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)の自己ベストは?


永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14’32″57
  2. 10000m 29.43.94(19年)
  3. ハーフマラソン 1.05.13(19年)

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)は2020年箱根駅伝何区を走る?

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)は2020年箱根駅伝何区を走るのでしょうか?

永井大育(ながいだいすけ)選手(創価大学)自身が【箱根で1番力を出せる区間】として答えているのは

【全区間】!!!

区間予想オーダーでは8区となっています。

創価大の永井選手、箱根駅伝予選会では1時間05分13秒の自己新!

11月には10000mでも29分43秒94と、自身初の29分台をマークするなど成長著しい選手です。

2年生なので、今後榎木和貴監督のもと、もっともっと伸びていくと思われます!

3年ぶり箱根路復帰の創価大学、シードライン上でレースをすすめることができるでしょうか?

永井大育選手(創価大学)の出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝は何区を走る?まとめ

箱根駅伝予選会ではチーム全体で安定した走りを見せ、3年ぶりの本戦復帰を果たした創価大学。

3度めの箱根、前回以上の見せ場を作ることができるでしょうか?

創価大学の躍進に期待が膨らみますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です