【全国高校駅伝2019男子】学法石川のメンバー!注目選手の出身中学や進路と実績は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

福島県の代表校は9年連続11回目となる学法石川高校!

学法石川高校といえば・・・

大学長距離界を代表するような選手や、実業団で活躍する選手などを多く輩出してきた名門校、

昨年3位だった学法石川高校、分厚い選手層は健在で過去最高だった昨年以上の成績も望めるとのこと!

5000m13分台ランナーが2人もいる学法石川高校・・!

こでらん

学法石川高校のメンバー、

注目選手である3年生の松山和希選手の実績や記録などについてをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】学法石川高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
渡辺亮太
3
14分00秒01(19/11/17)
山口智規
1
13分59秒55(19/11/17)
松山和希
3
13分58秒23(19/11/17)
高槻芳照
3
14分22秒82(19/11/2)
藤宮歩
1
14分46秒88(19/9/14)
長谷部慎
3
14分22秒75(19/11/2)
加藤駆
3
14分22秒78(19/11/2)
加藤優斗
3
14分17秒14(19/11/17)
岡山鷹士
3
14分57秒63(19/11/17)
田島洸樹
3
14分35秒63(19/11/17)

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】学法石川高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】学法石川高校の注目選手は・・

高校生ながら5000mの記録が【13分58秒23】と13分台ランナーの松山和希選手。

出身高校は栃木県の大田原市立大田原中学校です。

栃木県の大田原市立大田原中学校から福島県にある学法石川高校までは約70kmほど離れていますので

松山和希選手は寮生活を送られているのかもしれませんね。

学法石川高校3年生の松山和希選手は、2019年に全国都道府県駅伝で福島県が初優勝した時のメンバーでもあるのです!

2019年の全国都道府県駅伝、福島県チームのメンバーは以下の通り。

かなり豪華なメンバーですね!

  1. ①小指卓也:学法石川→早稲田大
  2. ②藤宮 歩:大槻中→学法石川高校
  3. ③阿部弘輝:明治大→来春から住友電工
  4. ④横田俊吾:学法石川→青山学院大
  5. ⑤松山和希:学法石川
  6. ⑥宍戸結紀:東和中
  7. ⑦相澤 晃:東洋大→来春から旭化成

学法石川高校3年生の松山和希選手、前期シーズンには故障があったとのことですが福島県予選では3区で快走。

松山和希選手の高校卒業後の進路については不明ですが分かり次第追記をさせていただきます。

関東の強豪校に進学すれば、箱根駅伝などでも活躍することになりそうですね!

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】学法石川のメンバー!注目選手の出身中学や進路と実績は?まとめ

12月22日に京都市で開かれる全国高校駅伝競走大会に出場する学法石川高陸上競技部。

田島洸樹主将は「昨年の3位を超える順位が目標。意識を高めて目標をかなえたい」と意気込みを語っています。

昨年都大路3位の学法石川高校、

県予選では従来の大会記録を56秒も更新する2時間05分06秒、

注目は2019年に全国都道府県駅伝で福島県が初優勝した時のメンバーでもある、3年生で5000m13分台の松山和希選手です!

箱根駅伝などで活躍する東洋大学のエース相澤晃選手や明治大学の阿部弘輝選手、

住友電工の遠藤日向選手など日本を代表するようなランナーを輩出している学法石川高校、

都大路では昨年以上の成績も期待されています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です