ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)のプロフィール!年齢や出身中学と自己ベストは?

令和初の駅伝日本一決定戦!

『ニューイヤー駅伝2020』まであとわずかとなりましたね!

群馬県庁発着の7区間、男たちが繋ぐ100kmのドラマ・・

2020年の上州路ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

優勝候補の筆頭はもちろん、4連覇を狙う旭化成!

旭化成には東洋大のエース山本修二選手も加入し、実業団は大学と違って卒業もないため選手層にさらに厚みが増しました!

4連覇に向けてすきのない布陣の旭化成を、

中部王者のトヨタ自動車、前回2位のMHPS、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太選手擁するHONDAが追う展開になると見られる『ニューイヤー駅伝2020』

ニューイヤー駅伝初出場となるGMOアスリーツは、2区のインターナショナル区間に17歳のビクター・コリル・キプキルイ選手をエントリー、

まだ17歳のビクター・コリル・キプキルイ選手はどんなランナーなのでしょうか?

ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)のプロフィール

名前 ビクター・コリル・キプキルイ
生年月日 2002年8月14日
出生地 ケニア共和国
身長 183㎝
体重 59kg
座右の銘 Never lose hope
出身中学校 Lilloch Secondary School
好きな色
趣味 水泳・旅行・友人と遊ぶこと
レース前にしていること、ルーティーン 不明
ニューイヤー駅伝の個人目標 走りを楽しんで好記録を狙う
陸上を始めた年齢、きっかけ 本格的にはじめたのは15歳から

スポンサーリンク

ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)の自己ベストは?

主な実績 U20世界選手権 ケニア代表選考会3位
5000m 13分41秒82
マラソン 28分05秒14

スポンサーリンク

ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)の駅伝の実績は?

ビクター・コリル・キプキルイ選手、

2020年のニューイヤー駅伝が駅伝初出場となります!

どんな走りを見せてくれるのでしょうか・・楽しみですね!

ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)の経歴や出身高校は?

15歳から本格的に競技に取り組み始めると、翌年のケニア選手権U20(20歳以下)の10000mでいきなり3位入賞、

注目される存在となったビクター・コリル・キプキルイ選手。

来日初レースとなったホクレン・ディスタンスチャレンジ2019(深川大会)10000mでも自己記録を大幅に更新しています。

ビクター・コリル・キプキルイ(GMOアスリーツ)の経歴や性格は?駅伝の実績や自己ベストも!まとめ

ニューイヤー駅伝初出場!

青山学院大学出身者で初出場にして初優勝を狙うGMOアスリーツ、

インターナショナル区間にはなんと17歳のビクター・コリル・キプキルイ選手をエントリーしました。

ダイナミックな走りと輝くような笑顔で、チームに新しい風を吹き込む存在となっているビクター・コリル・キプキルイ選手

駅伝初出場でどんな走りを見せてくれるでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です