郡司陽大の進路は兄(貴大)と同じ実業団?東海大黄金世代の就職先!身長や性格も調査!

箱根駅伝の連覇だけでなく、学生駅伝三冠を目指している東海大学。

出雲駅伝は國學院大學に優勝を譲りましたが・・

全日本大学駅伝では4年生の主力や”黄金世代”のメンガーが外れるなかでも、3年生三本柱の活躍などで見事な逆転優勝を見せてくれましたね!

今回はそんな東海大学の”黄金世代”のひとり、郡司陽大(ぐんじあきひろ)選手についてご紹介します!

郡司陽大(ぐんじあきひろ)選手と言えば!

そう!

2019年の箱根駅伝で東海大学が初優勝した時!

ゴールテープを切ったあの選手です!!

あのゴールシーンの郡司陽大選手の笑顔は、本当に素晴らしかったですよね!

栃木県出身の郡司陽大選手は栃木県最速三兄弟、郡司兄弟の三男、

6歳上のお兄さんも箱根ランナー(でも大学は駒澤)現在は実業団の小森コーポレーションで活躍されています。

郡司陽大選手も東海大学黄金世代の1人として、卒業後に実業団へ進み競技を続けるとのこと、

お兄さんとは同じチームなんでしょうか?

とにかく底抜けに明るそうなキャラクターで、

この選手を応援したい!と思わせるような愛されキャラの郡司陽大選手。

小柄な体型ですが、身長は何cm?

どんな性格の選手なのでしょうか?

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)のプロフィール

名前 郡司陽大(ぐんじあきひろ)
生年月日 1997年4月3日生まれ 22歳
出生地 栃木県
身長 160.2cm
体重 53.7kg
血液型 A
出身中学 西那須野中学校
出身高校 那須拓陽高校
好きな女性有名人 吉田愛梨
好きな食べ物 馬刺し
自覚している性格 素直
宝物 家族

栃木県出身の郡司選手、

小学生のときに、当時大学1年生だった村澤明伸選手(2013年度卒)が全日本大学駅伝で区間2位の好走する姿を見て、「東海大で走ってみたい」と思うようになったそう。

東海大学に進学された理由は【遊ぶところがないから】とのことですが、

おそらく他の「黄金世代」と呼ばれる主力選手から声をかけられたかもしれませんね!

東海大学の黄金世代は高校時代からライングループで連絡をとりあってたみたいですね!

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)の身長は何cm?

郡司陽大選手(東海大学)の身長は、2019年10月時点で

【160.2cm】

少し小柄かな?という感じですが、

大学駅伝の選手にはあまり高身長な選手は少ない印象を受けますね。

東海大学の選手では

3年生の西田壮志選手が161cmですね。

郡司陽大選手自身も、「実は僕 ちっちゃいんです」と自ら語り、

にいな〜

身長は160~161センチ。小さくても頑張っている姿を見せたい・・そうです!

小柄だけれど幼い頃から運動神経バツグンだったそうです。

こでらん

筆者は2019年の全日本大学駅伝をリアルタイムで視聴していたのですが

6区で区間賞を獲った郡司陽大選手がただただすばらしかったのですが!

同じ6区を走った東洋大学のルーキー、前田義弘選手との身長差が気になりました!

前田義弘選手が約190cm(正確には189.6cm)なので

2人の身長差は約30cm!!

さすがに30cmの身長差は目立ちましたね!

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大)の兄は元駒澤大学で箱根を走った郡司貴大さん!

郡司陽大選手(東海大)の兄は元駒澤大学で箱根を走った郡司貴大さんです!

お兄さんの郡司貴大さん(現:小森コーポレーション)も箱根駅伝に出場したランナーです。

お兄さんは駒沢大学出身で8区で11位の成績を残しています。

  • 郡司貴大(ぐんじたかひろ)
  • 小森コーポレーション陸上競技部
  • 栃木県
  • 出身校 那須拓陽高校/駒澤大学
  • 1991年4月5日生まれ 28歳

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)は末っ子!性格は??

郡司陽大選手(東海大学)は、

那須塩原あたりでは有名な

【栃木県最速三兄弟、郡司兄弟の三男】なんですって!

また、お姉さんもいらして4人兄弟の末っ子みたいです。

実業団の小森コーポレーションで活躍する兄の貴大さんとは6歳歳が離れてるので

  1. お姉さん
  2. 郡司貴大さん(兄)
  3. お兄さん
  4. 郡司陽大選手(末っ子)

の4人きょうだいかな??

にいな〜

「3兄弟の1番下で甘えん坊なところもあるが根性を見せて欲しい」って監督が・・笑

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)の出身中学高校はどこ?

郡司陽大選手は那須塩原市立西那須野中学校を卒業後、栃木県立那須拓陽高校に入学します。

那須塩原市立西那須野中学校から・・

栃木県立那須拓陽高校までを検索してみたらびっくり!

たったの350mしか離れてない!

郡司選手なら走って1分くらいの距離じゃないか・・

こでらん

栃木県立那須拓陽高校は男女とも全国高校駅伝の常連として有名!

日本体育大学の廻谷賢選手とは高校時代の同級生ですね。

また、郡司陽大選手のお兄さんの郡司貴大さんの母校でもありますね。

女子マラソン日本歴代2位の記録を持つ渋井陽子さんも、栃木県立那須拓陽高校のOGなんですよ。

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)の進路は実業団?兄の郡司貴大さんと同じチームなの?

郡司陽大選手(東海大学)の進路は実業団の

【小森コーポレーション】です!

郡司選手、お兄さんが在籍する小森コーポレーションを選んだんですね!

来春からはお兄さんとも同じチームになるんだね!

こでらん

順天堂大学の難波皓平選手も小森コーポレーションに内定していますので来春からはチームメイトですね。

茨城に練習拠点のある小森コーポレーションの主な練習場所は川口運動公園陸上競技場(土浦)。

ロードの時は、霞ヶ浦沿いのコースだそうです!

地元栃木に近い茨城の実業団に進まれるんですね。

スポンサーリンク

郡司陽大選手(東海大学)と同級生!東海大学黄金世代たちの就職先は実業団のどこ?

以下が、10月4日にスポーツ報知で発表された東海大学黄金世代の就職先です。

DeNAに3人!

SGホールディングスに2人!

11人もの選手が実業団に進むのですね!

  1. 館澤亨次 DeNA
  2. 鬼塚翔太 DeNA
  3. 阪口竜平 SGH
  4. 關颯人 SGH
  5. 中島怜利 大阪ガス
  6. 郡司陽大 小森コーポレーション
  7. 西川雄一朗 住友電工
  8. 松尾淳之介 DeNA
  9. 高田凛太郎 プレス工業
  10. 羽生拓矢 豊田紡織
  11. 木村理来 愛三工業

スポンサーリンク

まとめ

東洋大学初優勝のゴールテープを切った、4年生の郡司陽大選手。

2019年は全日本大学駅伝では区間賞を獲得!

このまま箱根まで・・突っ走ってくれそうですね!

大学卒業後は6歳上のお兄さん(駒澤OBで箱根ランナー)と共に実業団の【小森コーポレーション】で競技を続けます!

栃木最速の三兄弟である郡司兄弟の末っ子で、ちょっっぴり甘えん坊だけれど素直でいつも笑顔と元気いっぱい!

そんな郡司選手のファンは多いと思います。

身長は160~161センチと小柄だけれど、小さくても頑張っている姿をまた箱根で見せてくれると思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です