原田宗広(順天堂大)の出身中学高校や自己ベストは?2020箱根駅伝にエントリー!

令和初の箱根駅伝まであとわずか!

戦国駅伝と化した箱根駅伝では、どの大学が優勝するか最後までわからないですよね!

チームカラーを発揮し、総合力で【5強】に挑む順天堂大学。

順天堂大学といえば、富士通に進んだ塩尻和也選手ら主力が卒業した今季は絶対的なエースが不在・・

しかし、4年生の選手の足並みが揃えば、上位校に勝負を挑める可能性は十分にありえます!

順天堂大学はもともと、トラックのスピード型の選手が多いのが特徴。

特に今季はそのカラーに合った選手がそろっているようです。

そんな順天堂大学の2020年箱根駅伝登録メンバーの発表がついにありましたね!

今回は順天堂大学箱根駅伝メンバーのひとり、選手をご紹介します。

原田宗広選手(順天堂大学)のプロフィール

氏名 原田宗広 HARADA Munehiro

所属 順天堂大学 スポーツ健康科学部 3年生

年齢 21歳

出身地 長崎県諫早市

原田宗広選手(順天堂大学)の出身中学高校は?

原田宗広選手(順天堂大学)は、長崎県出身。

出身中学校は、諫早市立喜々津中学校

高校は、全国高校駅伝(都大路)の常連である大牟田高校に進学しています。

原田宗広選手、2014年の全国高校駅伝では、

東洋大学のエース西山和弥選手、

青山学院大学の神林勇太選手、

東海大学の塩澤稀夕選手、

実業団住友電工で活躍する遠藤日向選手らと争い、区間2位タイと大活躍しています。


長崎県の諫早市から福岡県の大牟田市までは約160km、車で2時間ほど離れていますので、

原田宗広選手は高校時代から陸上競技優先のため親元を離れて生活されていたのではないでしょうか?

  • 東海大学4年鬼塚翔太選手
  • 神奈川大学1年島﨑昇汰選手
  • 拓殖大学1年江口清洋選手
  • 創価大学4年米満怜選手
  • 日本体育大学4年岩室天輝選手
  • 駿河台大学4年吉里駿選手

など、大牟田高校の先輩、後輩も箱根駅伝や陸上競技で活躍する選手が多いですね!

箱根路で大牟田高校の先輩や後輩と再会ということになりそうですね!

原田宗広選手(順天堂大学)の自己ベスト記録は?

原田宗広選手(順天堂大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 10000m 28.56.93(19年)
  2. ハーフマラソン 1.04.13(19年)

原田宗広選手(順天堂大学)の出身中学高校や自己ベストは?2020箱根駅伝にエントリー!まとめ

順天堂大学は箱根駅伝総合優勝11回を誇る伝統校。

かつては「復路の順天堂大学」「調整力の順大」を呼ばれていた時代もありました。

順天堂大学の魅力は「中距離砲」の選手が多いこと!

中距離で力のある選手の走りがつながれば、連続シード獲得の可能性はかなり高そうです!

エース不在ながらも戦力は上昇している順天堂大学に注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です