広島市コロナ感染30代男性の勤務先(職業)や家族は?1ヶ月前からせき?行動歴や海外渡航歴は?

広島県で初となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

年齢は30代、性別は男性で居住地は広島市です。

男性はおよそ1か月前から既にせきの症状があり、

現在の主な症状として発熱・せきがあるそうです。

男性は先月上旬からせきの症状が続き、4か所の医療機関を延べ8回にわたり受診していました。

そして、3月5日に検体を採取。

3月6日に、陽性と判明しました。

男性は現在、広島市内の病院に入院しており、

広島市は、感染経路や濃厚接触者について調査を始めました。

広島県でも、初となる新型コロナウィルスの感染が確認されましたね。

広島県で新型コロナウィルスへの感染が確認された30代の男性の勤務先・職業・家族構成や行動歴、海外渡航歴などは明らかになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

広島市コロナ感染30代男性の勤務先(職業)や家族は?

広島市は7日、広島県広島市在住の30代男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

広島県で新型コロナウィルスの感染者が出たのは初めてです。

年齢 30代
性別 男性
住所 広島県広島市
職業 不明
家族構成 同居家族あり
海外渡航歴 なし

2月上旬にせきの症状
2月15日から3月5日まで4つの医療機関を受診、

発症後はマスクを着用していた。

3月5日に検体を採取
3月6日陽性と判明
3月7日に入院

広島市は同居している家族や医療機関の従事者などの行動歴を確認しており、濃厚接触者を調査中。

広島市で新型コロナウィルスに感染した男性は2月上旬にせきの症状が出ていて、

2月中旬から3月にかけて医療機関を受診。

3月6日に陽性と判明し、7日に入院しました。

男性によると、発症前14日以内に海外渡航歴はなく、発症後はマスクを着用していたということです。

広島市はすでに同居している家族や医療機関の従事者などの行動歴を確認しているということで、

濃厚接触者の把握に努めています。

広島市コロナ感染30代男性の症状は?1ヶ月前からせき?

広島市は7日、市内在住の30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

男性は現在、発熱や熱のせきの症状があって入院中、

2月上旬にせきを発症し、複数の医療機関を受診し、3月6日に感染が確認されたということです。

広島市コロナ感染30代男性の勤務先(職業)や家族は?1ヶ月前からせき?行動歴や海外渡航歴は?まとめ

3月7日、広島県で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたました。

感染が確認されたのは広島市に住む30代の男性です。

男性は、約1ヶ月前の2月上旬にせきの症状が出たことから、

2月15日から3月5日まで4つの医療機関を受診し、

6日、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

男性によると、発症前14日以内に海外渡航歴はなく、発症後はマスクを着用していたということです。

広島市はすでに同居している家族や医療機関の従事者などの行動歴を確認しているということで、

濃厚接触者の把握に努めています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です