阿部飛雄馬(東京大学)の出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝は何区を走る?

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

箱根駅伝ファンなら誰もが応援したくなるのが「関東学生連合」チームですよね。

箱根駅伝未出走者で、箱根駅伝予選会のタイムで上位1人(ただし・・留学生は除きます)で選抜された関東学生連合チーム。

桜美林大学のレダマ・キサイサ選手が走る箱根を観ることはなかった・・

こでらん

関東学生連合チームの監督を務めるのは史上初の2年連続、麗澤大学の山川達也監督。

コーチは駿河台大学の徳本一善監督、上武大学の近藤重勝監督!というのも注目されていますよね。

山川監督、実はまだ35歳!!(徳本一善監督は40歳、近藤重勝監督が45歳)

こでらん

今回は、そんな関東学生連合チームの中から、東京大学の阿部飛雄馬(あべひゅうま)選手をご紹介します。

スポンサーリンク

阿部飛雄馬選手(東京大学)のプロフィール

名前 阿部飛雄馬(あべひゅうま)
生年月日 1996年8月26日生まれ
出生地 岩手県
身長 168cm
体重 52kg
血液型 O
出身中学 滝沢第二中学校
出身高校 盛岡第一高校
好きな女性有名人 きよっぴ
宝物 京都アニメーション
気分をあげているもの Aqurs
箱根が終わったらしたいこと 飲み会

スポンサーリンク

阿部飛雄馬選手(東京大学)の出身中学高校は?

岩手県出身の阿部飛雄馬選手、中学校は地元岩手県滝沢市立滝沢第二中学校で、中学3年時に3000mで全中陸上に出場しています。

高校は岩手県内でトップクラスの公立進学校である岩手県立盛岡第一高校に進んだ阿部選手、

3年時に県高校総体で三種目に出場すると、1500mで3位、5000mで2位、3000mSCで優勝!見事三種目とも表彰台に上がる活躍を見せ、インターハイにも3000mSCで出場しました。

全国高校駅伝への出場はありませんでしたが、

3年時に都道府県対抗駅伝の岩手県代表に選出されており、ロード・トラック共に全国の舞台を走りました。

阿部飛雄馬選手(東京大学)は苦労人の文武両道ランナー!

阿部飛雄馬選手、高校卒業後は一浪し、見事日本最高学府の東京大学に合格します!

東京大学でも学業と競技の両立を続け、記録会や競技会に出場し、1学年上の近藤秀一選手(現GMO)と共にチームを引っ張って来ました。

箱根駅伝予選会では近藤秀一選手に次ぐチーム2位、全体として200番台の成績を納めてきた阿部選手、

最終学年となった今年は1時間5分11秒と、自己ベストを更新する素晴らしい走りで全体69位に入り、関東学生連合チーム6番手で選抜されました。

4年間を通じて東京大学としての箱根駅伝への出場は叶いませんでしたが、

前回大会に関東学生連合として1区を走った近藤選手に続いての東大箱根ランナーとなりました。

阿部飛雄馬選手(東京大学)の自己ベスト記録は?

阿部飛雄馬選手の自己ベスト記録については以下の通りです。

5000m:14分35秒84
10000m:30分24秒18
ハーフマラソン:1時間05分11秒

阿部飛雄馬選手(東京大学)2020年箱根駅伝は何区を走る?

阿部飛雄馬選手(東京大学)は2020年箱根駅伝は何区を走るのでしょうか?

阿部飛雄馬選手が箱根で1番力を出せる区間は「8区」ということです。

出走が濃厚とされている阿部飛雄馬選手、東大ランナーとしてどの区間を走ることになるのでしょうか・・

発表が楽しみですね!

まとめ

岩手県出身の東京大学、阿部飛雄馬選手。

中学時代から全国の舞台で活躍し、高校でもインターハイや都道府県対抗駅伝に出場した岩手県を代表するランナーでありながら、日本最高学府の東京大学に合格した、文武両道の体現者です。

今季の箱根駅伝予選会において自己ベストを更新し、全体69位に入る走りで関東学生連合に選抜されました。

前回大会の近藤選手に続く東大箱根ランナーとなった阿部選手。自他ともに「レース補正が高い」と認める、
本番に強い所を箱根でも見せてくれることに期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です