【全国高校駅伝2019男子】一関学院のメンバー!注目選手の経歴や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

岩手県の代表は25年連続29回目という歴史と伝統を誇る一関学院高校!

一関学院高校のメンバーは3年生が1人、2年生3人、1年生が6人という1年生主体の若いチーム!

1年生主体の若いチームで、勢い良く勝負したいと意気込みを語っている一関学院高校、

一関学院高校のメンバーや注目選手をご紹介していきます!

【全国高校駅伝2019男子】一関学院高校のメンバー!

選手 学年 5000m記録
佐藤友治
3
15分06秒26
石井達也
2
15分43秒83
佐々木蒼
2
15分39秒91
武田和馬
2
15分08秒56
小田武蔵
1
熊谷哲平
1
15分19秒19
鈴木健真
1
14分53秒99
鈴木天智
1
15分16秒16
照井海翔
1
15分13秒05
中澤星音
1
15分39秒73

【全国高校駅伝2019男子】一関学院高校の注目選手は?

3年生が1人、2年生3人、1年生が6人という1年生主体の若いチームである岩手県代表、一関学院高校。

3年生で唯一メンバーに選ばれているのが

佐藤友治選手です。

佐藤友治選手一関市立大東中学校出身、

岩手県予選では1区を走っています。

一関学院は、1区の佐藤友治選手(3年)が専大北上との競り合いを制してトップで2区鈴木健真選手(1年)につなぐと3区以降は独走態勢を築き、

全員が区間賞の走りで圧勝しています。

佐藤友治選手の5000mの記録は15分06秒26です。

一関学院高校卒業後の佐藤友治選手の進路については不明ですが・・

大学に進んで競技を継続してほしいですね。

一関学院高校から今春東洋大学に進学した及川瑠音(るおん)選手は1年生ながら東洋大学の箱根駅伝エントリーメンバーに選出されています。

佐藤友治選手にとって、約2年間同じ高校で練習や試合をともにしてきた及川瑠音(るおん)選手の活躍が励みになっていると思います。

【全国高校駅伝2019男子】一関学院高校のメンバー!注目選手の経歴や自己ベスト記録は?まとめ

全国高校駅伝競走大会岩手県予選会が、花巻市松園町の日居城野陸上競技場を発着点とするイーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで行われ、

男子は一関学院が2時間11分19秒で25年連続29度目の優勝を果たしました。

1年生が6人という非常に若いチームである一関学院高校、3年生で唯一メンバーに選出されている佐藤友治選手、

都大路で有終の美を飾って欲しいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です