【全国高校駅伝2019男子】伊賀白鳳メンバー!注目選手の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する東海地区代表・伊賀白鳳高校は、

16年連続31回目の都大路出場!

三重県の伊賀白鳳高校といえば都大路でおなじみの学校というイメージがありますよね!

箱根駅伝で活躍するランナーを多く輩出している伊賀白鳳高校、

主力選手である3年生の進路も発表されており、2019年の箱根駅伝で初優勝した東海大学に進む選手も!

伊賀白鳳高校の都大路メンバー、注目選手の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】伊賀白鳳高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
田中慎梧
3
14分56秒01(19/06/23)
佐伯陽生
3
14分22秒47(19/09/22)
永洞和季
3
14分36秒47(19/10/19)
福井悠斗
3
14分59秒29(19/06/15)
木村優心
3
14分57秒82
橋本修弥
3
山本駿太
3
15分02秒43(19/09/22)
松本颯真
1
14分56秒52
小倉史也
1
15分16秒71(19/10/27)
水谷柊斗
1

【全国高校駅伝2019男子】伊賀白鳳高校の注目選手の進路は?

 

選手 学年 進路
田中慎梧
3
日本体育大学
佐伯陽生
3
東海大学
永洞和季
3
東海大学
福井悠斗
3
東京経済大学
木村優心
3
一般就職

【全国高校駅伝2019男子】伊賀白鳳メンバー!注目選手の進路や自己ベストは?まとめ

都大路常連の伊賀白鳳高校、

三重県の予選では男子の部で連続優勝記録が途絶えるという悔しい経験も・・

最長区間の1区を走った佐伯陽生選手(3年)は昨年に続き区間賞を獲得しましたが想像以上の風に苦しみ、7秒差しかつけられませんでした。

レース後、「悔しいが、しっかり気持ちを切り替えて東海大会で全国への切符をつかみ取りたい」と力強く語っっています。

中武隼一監督は、来年の東京五輪男子マラソンの代表選手にOBの中村匠吾選手が内定したことに触れ、

「中村選手のことが今の選手たちにも励みになっている。きっと東海大会でリベンジを果たしてくれる」と・・

その言葉通り、男子第70回全国高校駅伝競走大会東海地区代表として出場する伊賀白鳳高校。

エース佐伯陽生選手、永洞和季選手は東海大学に進学し競技を継続予定です!

伊賀白鳳高校3年生の大学での活躍にも期待です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です