【春の高校伊那駅伝2020】仙台育英学園(宮城)の出場選手は?出身中学や自己ベストも!

2020年、オリンピックイヤーになり早くも20日がすぎました・・

年末の都大路(全国高校駅伝)、お正月の箱根駅伝、そして全国都道府県対抗駅伝が終わり・・

駅伝ファンにとってはちょっと寂しいシーズンに突入ですね。

そんな駅伝ファンにとって春の楽しみといえば、

春の信州(長野県)伊那路を舞台に1、2年生の新チームで挑む高校駅伝である春の高校伊那駅伝。

春の高校伊那駅伝は男子エントリー数が毎年100チームを超える日本最大級の規模を誇る駅伝大会、

中央アルプスと南アルプスの2つのアルプスに挟まれた長野県伊那市を舞台に高校生が6区間42.195キロを駆け抜けます。

2020年大会はすでに男子12校の招待校が発表されています。

今回は、【春の高校伊那駅伝2020】仙台育英学園(宮城)に出場が予想される1年生、2年生について

自己ベストや出身中学校、実績などをご紹介していきます。

【春の高校伊那駅伝2020】仙台育英学園(宮城)の出場選手を予想!5000m自己ベストは?

選手 学年 5000m記録
小原快都
2
14分33秒80(19/9/28)
白井勇佑
2
14分34秒07(19/7/7)
ムチリ・ディラング
2
14分13秒33(18/9/29)
山岸柊斗
2
14分31秒52(19/11/17)
山平怜生
2
14分15秒30(19/11/17)
吉居駿恭
1
14分24秒56(19/11/17)

 

【春の高校伊那駅伝2020】仙台育英学園(宮城)の選手の出身中学校は?

選手 学年 出身中学校
小原快都
2
岩手県遠野市立遠野中学校
白井勇佑
2
愛知県田原市立東部中学校
ムチリ・ディラング
2
ケニア人留学生
山岸柊斗
2
新潟県津南町立津南中学校
山平怜生
2
宮城県柴田町立船岡中学校
吉居駿恭
1
愛知県田原市立東部中学校

【春の高校伊那駅伝2020】仙台育英学園(宮城)の出場選手は?出身中学や自己ベストも!まとめ

長野県伊那谷に春の訪れを告げる春の高校伊那駅伝。

春の高校伊那駅伝は2020大会で男子は43回、女子は36回を迎える歴史と伝統のある駅伝大会であり、

長野県内校と全国各地からの強豪校が参加し、熱戦が繰り広げられます。

2019年大会は地元校のプライドをかけ、地元長野・佐久長聖が大会3連覇を目指しましたが・・

2019年大会の優勝校は広島県の強豪、世羅高校でした。

春の高校伊那駅伝は2020年3月22日に長野県伊那市陸上競技場を発着点に開催されます。

全国の強豪とどんな戦いを見せるのかに注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です