岩本宙(日本大学)の出身中学高校や経歴は?自己ベストや実績も!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝ですね!

箱根駅伝の常連校のひとつといえば、箱根駅伝で総合優勝12度を誇る日本大学!

歴史と伝統のある日本大学ですが、

ここ10年は出場8度で2桁順位7度と振るわない状況が続いてしまっています。

日大はその規模の大きさからもOB、OGも多くファンも多いので2020年こそはシードを獲得してほしいと切実に願うファンも多いはず!

そんな日本大学、今季はケニア出身の23歳オールドルーキーチャールズ・ドゥング選手が入学したことで大きな話題となりましたね!

しかし・・日大の期待のルーキーはチャールズ・ドゥング選手だけではないのです!

強力なルーキーを獲得した日大、ここ数年のなかでは補強に成功しています。

今回はそんな日本大学のルーキー、岩本宙選手をご紹介します。

どんな選手なのでしょうか?

岩本宙選手(日本大学)の出身中学高校は?

岩本宙選手(日本大学)は静岡県浜松市の出身。

出身中学校は、浜松市立入野中学校

出身高校は、浜松日体高校です。

浜松日体高校は静岡県の駅伝、陸上の強豪校として知られます。

岩本宙選手の浜松日体高校の同級生には

・早稲田大学 鈴木創士選手

・順天堂大学 西澤侑真選手

がいます。

また、青山学院大学の松葉慶太選手は浜松日体高校の先輩ですね。

2019年、浜松日体高校のOBで箱根駅伝のメンバーにエントリーした選手は以下の通りです。

  • 太田 直希 早稲田大学
  • 太田 智樹 早稲田大学
  • 亀田 優太朗 日本体育大学
  • 高林 遼哉 順天堂大学
  • 金原 弘直 順天堂大学
  • 鈴木 雄人 順天堂大学

浜松日体高校、すごいですね・・!

こでらん

岩本宙選手(日本大学)の自己ベスト記録は?

岩本宙選手(日本大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分21秒64(19年)
  2. 10000m 31.14.26(19年)
  3. ハーフマラソン 1.06.29(19年)

岩本宙選手(日本大学)の浜松日体高校時代の実績は?

岩本宙選手(日本大学)の浜松日体高校時代の実績について調べてみました。

5000m 15:07.17(高3)

高校駅伝

東海   2年・6区05位(0:14:57)
静岡県  3年・7区03位(0:15:53)

2018年高校総体

静岡県  3000mSC 09位(9:40.18)

出典 日本大学駅伝部を応援しています! 2019年度新入生紹介(2019年2月17日現在)

岩本宙選手、3000mSCでも活躍していたんですね!

岩本宙(日本大学)の出身中学高校や経歴は?自己ベストや実績も!まとめ

日本大学のルーキー、岩本宙選手は静岡県浜松市の出身。

出身高校は、箱根駅伝ランナーを数多く輩出している浜松日体高校です。

日本大学のルーキーというとドゥング選手ばかりが注目されていますが、今季の日大のルーキーはスピードランナーが多く揃っていますね!

岩本宙選手の今後の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です