【全国高校駅伝2019男子】出雲工業のメンバー!注目選手や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する島根県代表・出雲工業高校は24年連続28回目の出場を誇る都大路の常連校!

出雲工業高校の都大路の注目選手、自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】出雲工業高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
岸本和真
3
14分52秒05(18/11/24)
小瀧未久登
3
14分48秒71(19/11/23)
上田陽向
3
14分56秒84(19/4/28)
陶山輝文
3
15分08秒57(18/11/24)
加藤照瑛
3
15分32秒01(19/11/9)
阿食亮太
2
15分35秒91(19/11/9)
淺原来羽
2
15分27秒89(19/11/23)
伊藤蒼唯
1
14分41秒79(19/11/23)
矢田聖都
1
15分33秒96(19/11/23)
米山光輝
1
15分28秒88(19/11/23)

【全国高校駅伝2019男子】出雲工業高校の注目選手は?


【全国高校駅伝2019男子】出雲工業高校のメンバーは、3人の3年生が5000m14分台の記録を持っています。

岸本和真選手 14分52秒05(18/11/24)
小瀧未久登選手 14分48秒71(19/11/23)
上田陽向(ひゅうが)選手 14分56秒84(19/4/28)


主将を務めている岸本和真選手は島根県予選では1区を走り、

5000mのタイムが最も速い小瀧未久登選手は2区を務めました。

また、1年生ながら県予選でアンカーを務めた伊藤蒼唯(あおい)選手にも注目!

中学時代に都道府県対抗男子駅伝に出場し、5000メートルの自己ベストはチームトップの14分41秒

「速い選手にも付いていき、自分の力を試したい」と闘志をみなぎらせています。

伊藤蒼唯(あおい)選手については寺西康浩監督も「チームを引っ張る存在」と信頼しているそうです!

県大会では序盤から2位以下を大きく引き離し、7区間中6区間で区間賞を獲得している出雲工業高校。

都大路でも3年生を中心とした選手たちの活躍が期待されますね!

【全国高校駅伝2019男子】出雲工業のメンバー!注目選手や自己ベスト記録は?まとめ

選手層が厚く島根県大会を圧勝して都大路出場を決めた出雲工業高校。

県大会では1区から主将の岸本和真選手(3年)の力強い走りでトップに立つと、続く選手も安定した走りを見せ、2位に3分以上の差をつけテープを切りました。

岸本主将は

「自分が1位でいくことで流れを持ってこれた。チームは前半でリードを保って後半も粘るというプラン通りの展開になった。

(連覇には)重圧を感じていたのでほっとしてます」

と振り返っています。

「都大路」に向け、「それぞれがあと20~30秒縮める走りをして上位をめざしたい。本番までにコンディションを整えます」と話す出雲工業高校、

都大路では過去最高成績の12位を超えてほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です