【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本のメンバー!注目選手の経歴や順位予想も!

令和初の駅伝日本一決定戦!

『ニューイヤー駅伝2020』まであとわずかとなりましたね!

群馬県庁発着の7区間、男たちが繋ぐ100kmのドラマ・・

2020年の上州路ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

優勝候補の筆頭はもちろん、4連覇を狙う旭化成!

旭化成には東洋大のエース山本修二選手も加入し、実業団は大学と違って卒業もないため選手層にさらに厚みが増しました!

4連覇に向けてすきのない布陣の旭化成を、

中部王者のトヨタ自動車、前回2位のMHPS、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太選手擁するHONDAが追う展開になると見られる『ニューイヤー駅伝2020』

今回は、2年連続14回目の出場となるJR東日本チームの出場が予想される選手の経歴や自己ベスト

予選会での順位、『ニューイヤー駅伝2020』での目標順位や過去の成績などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本のメンバー!

選手氏名 出身高校 出身大学 5000m 10000m ハーフマラソン
寺田 夏生 諫早 國學院大 13分51秒28 28分47秒50 1時間02分37秒
花澤 賢人 八千代松陰 順天堂大 13分57秒40 28分49秒96
作田 将希 坂戸西 創価大 13分55秒36 28分44秒74 1時間03分39秒
米井 翔也 東京 亜細亜大 14分03秒93 29分21秒58 1時間03分23秒
武藤 健太 田村 国士舘大 14分03秒02 28分58秒20 1時間04分23秒
ポール クイラ 仙台育英 (実業団 コニカミノルタ) 13分22秒38 27分40秒43 59分47秒
五ヶ谷 宏司(主将) 専大松戸 専修大 14分18秒64 28分58秒84 1時間02分52秒
黒川 翔矢 作新学院 駒澤大 14分04秒79 28分47秒04 1時間03分23秒
大隅 裕介 関西 大東文化大 14分05秒51 28分39秒30 1時間02分32秒
其田 健也 青森山田 駒澤大 13分50秒14 28分47秒50 1時間02分20秒
作田 直也 長生 順天堂大 14分02秒30 28分28秒92 1時間03分48秒
富安 央 豊川工業 日本体育大 14分04秒82 28分49秒53 1時間03分33秒

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本の特徴やエースは?

2003年1月創部のJR東日本ランニングチームの所在地は東京都八王子市です。

東日本大会では過去最高の3位に入ったJR東日本。

注目選手は、東日本大会で3区区間賞の作田直也選手。

作田直也選手は4月の長野マラソンで3位に入るなど長い距離でも実力を発揮し始めています。

また、チームの中心選手である黒川翔矢選手、其田健也選手も東日本大会で好走。

富安央(あきら)選手、武藤健太選手ら力のある選手も控えています。

國學院大學時代には箱根駅伝で「コースを間違えた」ことで一躍有名になった寺田夏生選手も

経験豊富で抜群の安定感を誇ります。

また、新人である駒澤大学出身の片西景選手、亜細亜大学出身で箱根駅伝は関東学生連合チームキャプテンを務めた米井翔也選手、

コニカミノルタから移籍1年目のクイラ選手にも注目!

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本の目標順位は?

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本の目標順位は【11位】

大島唯司監督は「チーム過去最高の11位をつかみ取る」と豊富を語っています。

1区で上位に、2〜4区で流れに乗ってレースを進めることができれば、過去最高順位が見えてきそうですね!

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本の過去の成績は?

【ニューイヤー駅伝2020】の過去の成績は過去の通りです。

  1. 2017年 18位
  2. 2018年 不出場
  3. 2019年 32位

【ニューイヤー駅伝2020】JR東日本のメンバー!注目選手の経歴や順位予想も!

東日本大会過去最高3位に入り自身を深めたJR東日本。

東日本大会で区間賞の作田直也選手、

経験豊富で福岡国際マラソン5位の寺田夏生選手らの快走に期待です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です