【全国高校駅伝2019男子】開新高校のメンバー!注目選手や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する熊本県代表は開新高校、

50年ぶり5回目の都大路出場です。

過去最高順位は3位の開新高校

都大路のメンバーや自己ベスト記録などについてをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】開新高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
園木大斗
3
14分30秒74(18/10/12)
冨田幸音
2
14分51秒33(19/10/12)
野田崇央
2
14分59秒26(19/4/14)
内田征冶
3
14分20秒79(19/7/14)
田尻幸士朗
3
15分13秒62(18/12/8)
持田竜汰
3
14分49秒13(19/10/12)
麓逸希
3
14分47秒81(18/12/8)
松本一総
3
15分15秒08(18/12/8)
椛山海斗
3
15分18秒84(18/12/8)
竹上直希
2
15分36秒14(19/10/12)

【全国高校駅伝2019男子】開新高校の注目選手は?

熊本県予選では15連覇を目指した九州学院を最終区で逆転。

2時間5分50秒の好タイムで前身の第一工以来、50年ぶり5度目の優勝を果たした開新高校。

エース区間の1区を走ったのは3年生の内田征冶選手、

内田征冶選手は5000mの自己ベストが14分20秒79とチーム内トップのスピードランナーです。

2区の3kmを走ったのは2年生冨田幸音選手。

冨田幸音選手はトップと17秒差でたすきを受け取ると、区間賞の走りで、先頭の九州学院に追い付きました。

主将を務めるのは県予選で4区を走った園木大斗選手(3年)です。

園木大斗主将は区間賞の走りで、王者九州学院を16秒差まで猛追。

最終7区で九州学院を逆転したのはアンカーの持田竜汰選手(3年生)

九州学院も粘る中、得意の上り坂を迎え「思いっきり離してやろう」。歯を食いしばってスパートをかけ、区間トップの快走を見せました。

【全国高校駅伝2019男子】開新高校のメンバー!注目選手や自己ベスト記録は?まとめ

50年ぶり5度目の都大路出場を決めた開新高校、

「打倒九学でやってきたが、まさか優勝できるなんて。全員がベストの走りをした」

と園田主将は語っています。

チームの最高タイムを4分近く更新する激走ぶりで佐賀県予選をでライバル九州学院に勝利した開新高校、

都大路での激走にも期待ましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です