服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)の進路は立教で弟がいる?出身中学や経歴は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する長野県代表・佐久長聖はなんと・・!

22年連続22回目の出場!

2008年、2017年と2度の優勝を誇ります。

2017年に佐久長聖高校が2度めの全国制覇を成し遂げたとき1年生で区間賞を獲得したのが

現在3年生で佐久長聖高校のエースである服部凱杏(かいしん)選手。

服部凱杏(かいしん)選手といえば佐久長聖高校卒業後の進路が【立教大学へ進学】ということも話題になった選手ですね。

愛知県出身の服部凱杏(かいしん)選手の出身中学校や経歴は?

服部凱杏(かいしん)選手にご兄弟はいるのでしょうか?

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)のプロフィール

氏名 服部凱杏(はっとりかいしん)

所属 佐久長聖高校駅伝部

年齢 17〜18歳

年代 2001年〜2002年生まれ

出身 愛知県名古屋市千種区

出身小学校 名古屋市立千代田橋小学校

出身中学校 名古屋市立千種中学校

5000m記録 14分11秒18(19/11/17)

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)の進路は【立教大学】

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)の進路は【立教大学】への進学予定となっています。

立教大学は、2024年の創立150周年に向けた記念事業として、「立教箱根駅伝2024」事業を開始、

2024年1月の箱根駅伝出場を目指し、

体育会陸上競技部の男子駅伝監督に横浜DeNAランニングクラブ選手の上野裕一郎氏が就任したことで話題となりましたよね!

上野裕一郎氏は、佐久長聖高校のOBでもあり、

服部凱杏選手の高校の先輩にあたります。

2020年に立教大学に入学する服部凱杏(かいしん)選手、

2024年というと、服部凱杏(かいしん)選手が4年生となりますが・・

立教大学へは2020年春、服部凱杏選手のほかにも世代トップクラスのルーキーが多数入学予定のため、

服部凱杏選手を箱根駅伝で観ることができるのはそう遠くない未来かもしれませんね!

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)の出身小学校中学校は?

服部凱杏選手は愛知県名古屋市の出身。

出身小学校は、名古屋市立千代田橋小学校

出身中学校は、名古屋市立千種中学校です。

服部凱杏選手は愛知県千種区にある公立小中学校を卒業後、

長野県佐久市にある佐久長聖高校に進学。

千種中学校時代に1500m全中覇者となった実績の持ち主です。

佐久長聖高校は全国からトップクラスの選手が集まる強豪校で、

服部凱杏選手のほかにも長野県外の選手は多く在籍しています。

服部凱杏選手の地元である愛知県名古屋市から長野県佐久市までは250kmほど離れており

服部凱杏選手も高校時代はチームメイトらと寮生活を送っていたようです。

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)に兄弟はいる?

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)に兄弟はいるのでしょうか?

【服部兄弟】というと、東洋大学のOBで東京五輪のマラソンに内定しているトヨタ自動車の服部勇馬選手、トーエネックの服部弾馬選手のイメージが強いですね。

服部凱杏選手の【兄】 

服部凱杏選手の【弟】について調べてみたところ、

服部凱杏選手には弟さんがおり、

お名前は【服部莉柑(らいかん)】くんだということがわかりました。

服部凱杏(かいしん/佐久長聖高校駅伝部)の進路は立教で弟がいる?出身中学や経歴は?まとめ

2020年春、佐久長聖高校を卒業し立教大学へ進学する服部凱杏選手、

愛知県名古屋市出身で、中学時代から全国的に有名な選手ということで進路が注目されていましたが

佐久長聖高校の先輩でもある横浜DeNAランニングクラブ選手の上野裕一郎氏が率いる立教大学へと進学、

駅伝ファンの間では服部凱杏選手の進路についても話題になっていました。

都大路では1年生の時に全国制覇、

最後の都大路ではもちろん佐久長聖高校チームでの優勝を狙っていると思います。

服部凱杏選手の立教大学入学後の活躍にも期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です