小島海斗(駒澤大)の出身中学高校は?!性格やベスト記録!2020箱根駅伝は何区を走る?

名門駒沢大学きってのスピードランナー、小島海斗選手。

5000mの持ちタイムは現役部員の中で堂々の2位を誇ります。

前回の箱根駅伝でも区間4位の走りを見せた小島海斗選手ですが今シーズンは駅伝に出場しておらずその実力や調子は未知数。

今回はそんな小島海斗選手について紹介します!

小島海斗選手(駒澤大学)のプロフィール

名前 小島海斗(おじまかいと)
生年月日 1998年7月18日
出生地 千葉県
身長 167cm
体重 54kg
血液型 O
出身中学 柏第二中学校
出身高校 市立船橋高校
好きな女性有名人 与田祐希
好きな食べ物 カレーライス
自覚している性格 心配性 映画に影響されやすい
宝物 生きてきた経験

スポンサーリンク

小島海斗選手(駒澤大学)の名前の読み方は?乃木坂の与田祐希ファン!

小島 海斗(おじま かいと)
経営学部 市場戦略学科・3年
生年月日:1998年7月18日
身長・体重:167センチ、53キロ
出身地:千葉・柏市
出身高:市立船橋

小島海斗選手は「おじま」選手と読みます。

駅伝を応援する際に「こじま」と言い間違えないように気を付けましょう!

おじまだよ!

こでらん

駒澤大学では経営学部の「市場戦略学科」に所属しています。

また、小島海斗選手のSNS等は開設されていないようです。

好きな芸能人は乃木坂46の与田祐希さん、好きな食べ物はカレーライスとのこと。

小島海斗選手(駒澤大学)の出身中学高校は?

小島海斗選手は柏第二中学校出身です。

既に中学では陸上部に所属をしており、県内の駅伝大会等で上級生と混じって1年次から活躍していたようです。

高校は同じ千葉県内の市立船橋高校へ進学。

陸上はもとより野球やサッカーなど多くの運動部が全国レベルのスポーツ強豪校です。

この当時からスピードが持ち味の選手で、

3年次の5000mの持ちタイムでは全国50位以内にランクイン。

3年生の南関東高校総体5000mでも優勝を飾っています。

また現中央学院大学で中心選手の一人でもある高橋翔也選手は高校時代の同級生。

高橋選手は1年生の頃から三大駅伝にすべて出場。

2019年の箱根駅伝では2年生ながらエース区間の2区を走りました。

同級生の活躍は小島海斗選手にとっても大きな刺激になっていると思います。

同期の選手の活躍を糧にした小島海斗選手のさらなるブレイクを期待したいです。

小島海斗選手(駒澤大学)の性格は?

小島海斗選手は自身の性格を心配性で映画に影響されやすいと分析しています。

また自身の宝物は今まで生きてきた経験なのだそう。

箱根駅伝の本戦では今まで生きてきた中での輝かしい経験を胸に、

うっかり心配性の面を出すことのないように快走を見せてほしいですね。

小島海斗選手(駒澤大学)のベスト記録は?

小島海斗選手のベスト記録は以下の通りです。
5000m 13分52秒00
10000m 29分39秒91
ハーフマラソン 1時間02分15秒

スピードランナーの小島海斗選手が持つ5000mのタイム13分52秒00は現役駒大生の中で堂々の2位。

またつい先日行われた上尾ハーフマラソンを1時間02分15秒の自己新記録で走り、全体順位でも5位と見事入賞を果たしています。

もっとも今回の上尾ハーフの走りについて小島海斗選手本人は足が痛くあまり調子が良くなかったとの弁。

しかし、たとえ調子が悪くとも駅伝シーズンに入って自己ベストを更新したのは小島海斗選手にとっても、そしてファンにとっても心強いニュースかもしれません。

小島海斗選手(駒澤大学)の三大駅伝での成績は?

小島海斗選手の三大駅伝デビューは2019年の箱根駅伝。

7区を走り、区間4位としっかり仕事を果たし、市立船橋高校時代からの先輩伊勢翔吾選手に襷を繋ぎました。
しかし区間4位とはいえひとつ順位を落としてしまった小島海斗選手。

やはりレース後にはくやしさをにじませていたようです。

是非今年の箱根駅伝でそのくやしさを力に変えて欲しいですね。

そんな小島海斗選手、今年の箱根駅伝でどの区間をまかされるかは当然まだわかりませんが、2019年大会終了直後には次は1区を走りたいと話していたそうです。

更には先日の上尾ハーフ後には区間賞をしっかり狙い、順位にこだわっていきたいとの発言も。

小島海斗選手の言葉通りに1区で区間賞の走りを見せてくれたら三強が序盤で崩れる面白い展開が見られるかもしれませんね。

小島海斗(駒澤大)の出身中学高校は?!性格やベスト記録!2020箱根駅伝は何区を走る?まとめ

今年度は出雲、全日本とその出場機会を逃している小島海斗選手。

三大駅伝の締めくくりでもある箱根駅伝で得意のスピードを活かした力強い走りが見られるのを期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です