釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の出身高校大学や経歴は?選手時代の箱根駅伝実績も!

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日に京都市で行われ、仙台育英高校が2年ぶりに優勝をしました。

女子第31回全国高校駅伝競走大会に出場した宮城県代表・仙台育英高校は、

28年連続28回目の都大路出場!

そんな仙台育英高校を率いているのが釜石慶太監督です。

まだお若い釜石慶太監督、どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

スポンサーリンク

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)のプロフィール

氏名 釜石慶太(かまいし・けいた)

出身地 岩手県一戸町

出身中学校 一戸町立奥中山中学校

生年月日 1987年4月10日

年齢 32歳

仙台育英学園高等学校出身。

仙台育英では3年間、陸上競技部に所属、2, 3年生時に全国高校駅伝大会に出場(3連覇の3年間に重なる)。

東洋大学に進み、1, 2年生時に箱根駅伝に出場、ともに5区を走る。4年生のときにはキャプテン。

東洋大学卒業後は山形県上山市役所に勤務、生涯学習課で小中学生の指導にもあたる。

上山市役所に2年間勤務後、24歳の若さで仙台育英高校陸上競技部長距離女子監督に就任。

就任してから6年目で過去2度優勝の名門の仙台育英高校の再建を果たす。

スポンサーリンク

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の出身高校は?

釜石慶太監督は岩手県一戸町出身。

出身中学校は一戸町立奥中山中学校

出身高校は、現在監督を務めている仙台育英高校です。

2年生時に全国高校駅伝で5区区間賞を獲得し、当時は「神の領域」と呼ばれた2時間1分32秒(歴代2位)で優勝。

釜石慶太監督は仙台育英高校時代は2度の全国優勝を経験しています。

スポンサーリンク

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の出身大学は?

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の出身大学は【東洋大学経済学部経済学科】です。

東洋大学ではあの山の神こと柏原竜二さんの2学年上でした。

東洋大でも2度箱根駅伝に出場、4年時は主将(本戦は不出場)として優勝を経験しました。

釜石監督、東洋大学在学中と比べると・・少し(かなり?!)ふっくらとされましたね・・!

話し方が東洋大学の酒井監督に似ているという声も!

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の箱根駅伝の実績は?

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)は箱根駅伝では5区を2度走った経験をお持ちです。

1年生の時には箱根駅伝の5区で【区間17位】記録は【1時間26分30秒】です。

釜石監督が1年生の時に、山の5区で対決しているのが初代山の神の今井正人監督(当時4年生)です。

2年生の時には同じ5区を走り【区間13位】記録は【1時間23分41秒】です。

1,2年生の時に5区を走っている釜石監督ですが、

3年生になると【山の神】こと、柏原竜二選手が1年生で入学し5区を走り補欠に回っています。

釜石監督は4年生の時にはキャプテンを務め、東洋大学は2年連続で総合優勝をしています。

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の指導者としての実績は?

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)は、(東日本大震災直後に)選手が大量転校した2012年に母校の女子監督に就任。

当時仙台育英高校の女子駅伝チームには6人しかおらず、初年度はサッカー部の選手も借りて全国大会に出場し43位。

翌年は50位に落ちてしまいます。

「いろいろと難しかった」時期を経て、ケニア人留学生を生かすチーム作りで徐々に復活。

2017年には母校、仙台育英高校を全国制覇に導きました。

2017年には大会史上2位の好記録で、母校を23年ぶりの全国制覇に導き

「まさか優勝できるとは。自分の時(2004年、2005年の優勝)よりうれしい」とお話されています。

2018年は神村学園高校に優勝を譲ったものの、、

2019年は留学生に頼らず日本人だけでのメンバーで仙台育英高校は見事2年ぶりの優勝を果たしています。

スポンサーリンク

釜石慶太(仙台育英女子駅伝部監督)の出身高校大学や経歴は?選手時代の箱根駅伝実績も!まとめ

母校、仙台育英高校を2年ぶりの優勝に導いた元箱根ランナーの指揮官、

東洋大出身の釜石慶太監督。

日本人だけでのチームでの都大路優勝は、本当にすばらしいですね!

令和最初の都大路優勝校、仙台育英高校、おめでとうございます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です