【全国高校駅伝2019男子】鎌倉学園のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する南関東地区代表・鎌倉学園高校(神奈川)は、2年連続2回目の都大路出場!

過去最高成績は2018年の16位です。

今年こそ入賞を目指すと意気込みを語っている鎌倉学園高校、

都大路のメンバーや注目選手、3年生の進路や自己ベスト記録をご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】鎌倉学園高校(神奈川)のメンバー

選手 学年 5000m記録
児玉真輝
3
14分03秒44
中嶋亮翔
3
14分44秒85
力石暁
3
14分26秒86
鈴木祐太
2
14分45秒93
石塚壮一郎
2
15分11秒39
岡田祐太
3
15分03秒04
宮岡凜太
1
15分05秒83
大木啓矢
3
14分57秒13
櫻井悠人
3
15分03秒17
渡部歩
2
15分28秒13

【全国高校駅伝2019男子】鎌倉学園高校(神奈川)の注目選手の進路は?

【全国高校駅伝2019男子】鎌倉学園高校(神奈川)の注目選手の進路は以下のように発表されています。

鎌倉学園高校のエースであり、5000mの自己ベスト記録が14分1桁(14分03秒44)の児玉真輝選手は

【明治大学】に進学し競技を継続予定です。

鎌倉学園高校のエース、児玉真輝選手が陸上を始めたのは領家中学校(泉区)1年生の時。

当初は足腰の強さや跳躍力を生かし、走り幅跳びの選手として練習に打ち込んでいたそうです。

しかし思うように成績が伸びず、顧問の薦めで中学3年の夏に長距離走に転向した児玉選手。

するとすぐに県大会(1500m)で2位を獲る活躍。

持久力だけでなく戦略的なペース配分も求められる長距離走に魅力を感じ、陸上の強豪校・鎌倉学園へ進学しました。

「上矢部町の自宅からは箱根駅伝のエース区間・2区のコースが見える。」

「小さいころから毎年選手たちの力走を直接見て『カッコいいな。いつか自分も出てみたい』と思っていた」

という児玉選手、

今後については「進学先の明治大学でも陸上を続け、箱根駅伝で活躍したい。道を走っているのを見かけたら温かい目で見守ってほしい。応援お願いします」

とお話されています。

名門、明治大学に進学後の活躍も楽しみですね!

鎌倉学園高校の3年生のなかでは、明治学院大学に進学予定の中嶋亮翔選手は競技を継続しないということです。

選手 競技継続 進路
児玉真輝
明治大学
中嶋亮翔
なし
明治学院大学
力石暁
國學院大學
大木啓矢
慶應義塾大学

【全国高校駅伝2019男子】鎌倉学園のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?まとめ

2年連続2回目の都大路出場の鎌倉学園高校。

エース児玉真輝選手は、名門・明治大学に進学予定です。

都大路の目標は入賞という鎌倉学園高校、都大路での快走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です