亀田優太朗(日体大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝2020にエントリー!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

箱根駅伝の常連校といえば、

箱根駅伝参加の大学中初出場から一度も途切れされずに連続出場最多72回の記録を誇る古豪日本体育大学(日体大)の存在は書かせませんね!

2018年の箱根駅伝では4位だった日体大でしたが、昨季は我慢の1年となりました。

目標はシード校への復活という日体大、

シードライン近くでレースを進め、堅実につなげは10位圏内がみえてくるはず!

2019年12月10日には、日本体育大学の箱根駅伝登録メンバー16人が選ばれました。

今回は、箱根駅伝のメンバーのひとりである3年生の亀田優太朗選手をご紹介します。

スポンサーリンク

亀田優太朗選手(日体大)のプロフィール

名前 亀田優太朗(かめだゆうたろう)
生年月日 1998年7月1日
出生地 静岡県
身長 175cm
体重 58kg
血液型 O
出身中学 浜松浜名中学校
出身高校 浜松日体高校
好きな女性有名人 不明
いちばん大切なもの 気持ち
気分をあげているもの 不明
箱根が終わったらしたいこと 不明

スポンサーリンク

亀田優太朗選手(日体大)の出身中学高校は?

亀田優太朗選手は、静岡県浜松市出身。

亀田優太朗選手(日体大)の出身中学高校は以下の通りです。

  • 浜松市立浜名中学校
  • 浜松日体高校

浜松日体高校出身の亀田優太朗選手、

早稲田大学のキャプテンである太田智樹選手にあこがれて浜松日体に入学したそうです。

亀田優太朗選手はライバル、かつ仲の良い選手として青山学院大学の3年生松葉慶太選手の名前をあげています。

青山学院大学の松葉慶太選手、残念ながら箱根駅伝のメンバーからは外れています。

2021年大会では2人で箱根を走ってほしいですね!

亀田優太朗選手(日体大)の自己ベストは?

亀田優太朗選手(日体大)の自己ベストは以下の通りです

  1. 10000m 29.01.81 (19年)
  2. ハーフマラソン 1.03.33(19年)

日体大3年生の亀田優太朗選手は成長株!

今後の日体大を背負って立つような存在のランナーです。

大学三大駅伝への出場はまだないものの、記録会やロードレースで好タイムをまーくしているほか

ハーフマラソンではなんと1分03分台と、日体大の主力選手のひとりである山口和也選手とほぼ並ぶ記録を出しています。

箱根駅伝では主要区間に抜擢される可能性もありそうです!

亀田優太朗(日体大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝2020にエントリー!まとめ


新指導体制のもと、体育会系の悪しき伝統を断ち切り、のびのび走れる環境づくりで1年生に勢いがある日本体育大学。

箱根駅伝予選会では1年生がチームをけんいんし、堂々の3位通過。

71回連続の箱根駅伝出場を72回連続と箱根駅伝の連続出場最多記録を更新中。

本戦での戦いぶりが楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です