【全国高校駅伝2019男子】関大北陽のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する大阪府代表・関大北陽高校は、3年ぶり7回目の都大路出場。

しぶとく、あきらめないチーム。「レースは冷静に勝負は大胆に」というスローガンの関大北陽高校、

都大路のメンバーや注目選手の自己ベスト記録、3年生の主力選手の進路などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】の関大北陽高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
伊藤仁
3
14分35秒49(19/11/30)
泉龍之介
2
14分53秒72(19/11/9)
芝大輔
3
14分35秒02(19/11/30)
中西良介
2
14分36秒08(19/11/30)
諏訪大樹
3
14分55秒28(19/11/30)
春名竜治
3
14分32秒45(19/11/30)
八木悠晟
2
14分55秒99(19/11/9)
大塚翼
3
15分12秒42(19/11/30)
大野佳太朗
3
15分16秒65(19/11/9)
東島大和
1
15分05秒66(19/11/9)

【全国高校駅伝2019男子】関大北陽高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】関大北陽高校のメンバーには、5000mの記録が14分台の3年生が4人!

主将を務めるのは諏訪大樹選手です。

  • 伊藤仁選手
  • 芝大輔選手
  • 諏訪大樹選手
  • 春名竜治選手

小中学生はトライアスロンに励んだが、クラゲが苦手だった(!)という伊藤仁(いとうひろし)選手は、

高校卒業後に【関西大学】に進学し競技を継続予定です。

【全国高校駅伝2019男子】関大北陽のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?まとめ

大阪府予選で接戦を制し3年ぶり7回目の都大路に挑む関大北陽高校。

4年前の都大路で府高校記録となる2時間06分12秒を叩き出した先輩がマークした2時間10分00秒のコース記録を今回20秒更新しています。

「ポテンシャルも4年前のチーム以上」と米川監督も太鼓判を押す関大北陽高校チームは

絶対的エースがいないので、総合力で勝負していくチームだということです。

5000m14分35秒49の記録を持つ主力の伊藤仁選手は、高校卒業後関西大学で競技を継続、

伊藤仁選手意外の進路については現時点で不明ですが、

競技継続の3年生は大学での活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です