【ニューイヤー駅伝2020】警視庁のメンバー!注目選手の経歴や順位予想も!

令和初の駅伝日本一決定戦!

『ニューイヤー駅伝2020』まであとわずかとなりましたね!

群馬県庁発着の7区間、男たちが繋ぐ100kmのドラマ・・

2020年の上州路ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

優勝候補の筆頭はもちろん、4連覇を狙う旭化成!

旭化成には東洋大のエース山本修二選手も加入し、実業団は大学と違って卒業もないため選手層にさらに厚みが増しました!

4連覇に向けてすきのない布陣の旭化成を、

中部王者のトヨタ自動車、前回2位のMHPS、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太選手擁するHONDAが追う展開になると見られる『ニューイヤー駅伝2020』

今回は、『ニューイヤー駅伝2020』の出場チームである【警視庁】チームに注目!

出場が予想される選手の経歴や自己ベスト

予選会での順位、『ニューイヤー駅伝2020』での目情順位や過去の成績などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁のメンバー!

出典 TBSスポーツスペシャル『ニューイヤー駅伝2020』番組公式サイト

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁の特徴やエースは?

警視庁陸上部のエースは、帝京大卒で2年目の佐藤諒太選手です。

東日本大会ではエースが集う3区でHondaの設楽悠太選手らについて離れず区間5位の好走をみせてくれました。

実は佐藤諒太選手、帝京大卒業後1年目の昨季は警察学校に入っていたためひとりで練習を積んできたそうです。

覚醒した佐藤諒太選手に注目ですね!

東日本大会では2区のインターナショナル区間を走った濱野優太選手にも注目です。

多くの選手が警察署や地域の交番に勤務している警視庁陸上部。

大きな大会前以外はチームでそろって練習する機会が少ないというハンデもあるなか、

選手が自ら課題克服に取り組んできました。

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁の目標順位は?

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁の目標順位は【25位】

過去10年の成績は37位、34位、34位、33位と30位台が続いていますので

25位以内に入って警視庁の強さをみせてほしいですね!

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁の過去の成績は?

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁の過去の成績は過去の通りです。

  1. 2017年 不出場
  2. 2018年 33位
  3. 2019年 不出場

【ニューイヤー駅伝2020】警視庁のメンバー! 注目選手の経歴や順位予想も!まとめ

東京都東大和市に練習拠点をおく、警視庁陸上部。

期待と信頼に応える警視庁をアピールできるよう、ゴールまで気持ちの入ったたすきリレーをしたいと意気込みを語っています。

力強い走りで上位を狙う警視庁の力走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です