孝田拓海(国士舘大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝10区にエントリー!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝ですね。

箱根駅伝の常連校のひとつといえば「国士舘大学」

国士舘大学はかつて暴れん坊と呼ばれるほど箱根駅伝で強い大学でしたが、低迷が続く時期もありました。

しかし2019年の箱根駅伝では2区で46年ぶりに首位に立ち、存在感を示しましたね!

10月の予選会で無事予選通過し本戦への出場が決定した国士舘大学。

添田正美監督のパフォーマンスが最高でした!

こでらん

12月にはOBの藤本拓選手(トヨタ自動車)、福田譲(じょう)選手(西鉄)が福岡国際マラソンで日本人1位、2位となるなど

【#時代は国士舘】のハッシュタグでも盛り上がっていますね!

12月29日に発表された箱根駅伝の区間エントリーで、国士舘大学は10区に3年生の孝田拓海選手をエントリー!

静岡県出身の孝田拓海選手、

どんなランナーなのでしょうか?

スポンサーリンク

孝田拓海選手(国士舘大学)のプロフィール

名前 孝田拓海(こうだたくみ)
生年月日 1998年12月11日
出生地 静岡・函南町
身長 174cm
体重 58kg
血液型 不明
出身中学 函南中学校
出身高校 藤枝明誠高校
所属 国士舘大学21世紀アジア学部3年生
過去の箱根駅伝実績 不出場

スポンサーリンク

孝田拓海選手(国士舘大学)の出身中学高校は?

孝田拓海選手は静岡県函南町出身。

函南町はプロサッカー選手の内田篤人選手の出身地としても知られます。

2019年の箱根駅伝で関東学生連合1区を走った東京大学の近藤秀一選手(GMOアスリーツ)は函南町の先輩ですね!

高校は静岡県藤枝市にある私立藤枝明誠高校に進学しています。

高校時代の後輩には関東学生連合チームの渡辺晶紀選手(山梨学院大学)がいます。

孝田拓海選手(国士舘大学)の自己ベストは?

孝田拓海選手(国士舘大学)の自己ベストは以下の通りです。

  1. 10000m 30.00.46 (19年)
  2. ハーフマラソン 1.04.35(19年)

孝田拓海選手(国士舘大学)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝10区にエントリー!まとめ

静岡県函南町出身の孝田拓海選手。

箱根駅伝で国士舘大学の10区にエントリーをしています。

函南町出身の先輩、近藤秀一選手をはじめ、静岡県東部出身の箱根駅伝ランナーは数多く、

近藤秀一選手と高校時代からライバルだった青山学院大学OBの下田裕太選手らも静岡県東部出身ランナーです。

まずは襷を最後までつなぐことが目標という国士舘大学、復路を走る孝田選手には堅実な走りで襷をつなぎきってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です