佃康平(駒澤大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝は何区に起用される?

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

平成の箱根駅伝といえば・・

平成の常勝軍団と言われた【駒澤大学】があまりにも有名ですよね!

駅伝と言ったら駒澤!というイメージは今も強いですし、

「男だろ!」のゲキの大八木監督の指導や、

先日はMGGの男子マラソンで見事!駒澤大学のOBである中村匠吾選手が2020東京オリンピックに内定をしました!

今季の駒澤大学は、戦力が充実し主軸も好調。

また、5000m13分41秒82のスーパールーキー田澤廉選手が全日本大学駅伝で区間賞を獲得し、

かなり勢いがありますので、箱根駅伝の優勝争いに絡んでくる可能性がかなり高いです!

今回は、勢いに乗っている駒澤大学から主力の2年生のひとり、佃康平(つくだこうへい)選手をご紹介します!

スポンサーリンク

佃康平選手(駒澤大学)のプロフィール

名前 佃康平(つくだこうへい)
生年月日 1999年7月16日
出生地 千葉県
身長 168cm
体重 58kg
血液型 B
出身中学 鎌ヶ谷第四中学校
出身高校 市立船橋高校
好きな女性有名人 岩田絵里奈
宝物 不明
気分をあげているもの 音楽
箱根が終わったらしたいこと 焼肉を食べる

スポンサーリンク

佃康平選手(駒澤大学)の出身中学高校は?

佃康平選手は千葉県鎌ケ谷市出身。

出身中学校は鎌ヶ谷私立第四中学校。

出身高校は、市立船橋高校です。

帝京大学の田村丈哉選手

駒澤大学の小島海斗選手

中央学院大学の髙橋翔也選手

帝京大学の鳥飼悠生選手、らは市立船橋高校の先輩

拓殖大学の竹蓋草太選手は高校の同級生ですね!

また拓殖大学の佐々木虎太郎選手は後輩になります。

佃康平選手(駒澤大学)の自己ベスト記録は?

佃康平選手(駒澤大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分17秒98
  2. 10000m 30.18.54(19年)
  3. ハーフマラソン 1.04.47(19年)

佃康平選手(駒澤大学)は2020箱根駅伝何区に起用される?

佃康平選手(駒澤大学)は2020箱根駅伝何区に起用されるのでしょうか?

佃選手自信が箱根で1番力を出せる区間は【8区】と答えています。

持ち味のスタミナにスピードが加わった駒大、

佃選手、復路での起用となるでしょうか?

佃康平選手(駒澤大学)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝は何区に起用される?まとめ

来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日発表されましたね!

駒澤大学は1年生6人が登録されていますが2年生の登録は2人、

市立船橋高校出身の佃康平選手、

拓大紅陵高校出身の石川拓慎選手とともに千葉県出身のランナー。

本戦での戦いぶりが楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です