【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校のメンバー!注目選手の自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する四国地区代表・松山商業高校は4年連続13回目の都大路出場!

【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校のメンバー、

注目選手や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校ののメンバー

選手 学年 5000m記録
巻田理空
3
14分38秒14(19/10/19)
玉井烈
3
16分00秒00(19/07/06)
久保昇陽
3
14分45秒35(19/10/19)
大谷翼
2
15分10秒14(19/10/19)
堀江峻介
2
亀岡寛
2
15分30秒75(18/09/17)
久保貴大
2
15分12秒08(19/09/29)
沖勘太郎
1
15分29秒57(19/09/16)
加藤陽
1

【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校の注目選手は

3年生の巻田理空選手、

同じく3年生の久保昇陽選手の2人です。

巻田理空選手の5000mの記録は【14分38秒14】

久保昇陽選手の5000mの記録は【14分45秒35】

と2人共14分台ランナー。

松山商業高校の都大路メンバーの中では14分台は3年生の2人のみ。

巻田理空選手、久保昇陽選手の進路については不明ですが、

箱根駅伝などで活躍するランナーを多く輩出している松山商業高校、

関東の大学に進学予定であれば箱根駅伝などで活躍するランナーとなるかもしれませんね!

【全国高校駅伝2019男子】松山商業高校のメンバー!注目選手の自己ベスト記録は?まとめ

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する四国地区代表の松山商業高校。

14分台ランナーの2人の3年生に注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です