【全国高校駅伝2019男子】美方高校のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する北信越地区代表・美方高校(福井)は、5年連続30回目の都大路出場!

福井県立美方高校は、福井県三方上中郡若狭町気山に所在する公立高校。

国公立進学から公務員、民間就職まで幅広い進路の生徒がいます。

「文武両道」をモットーにしており、勉学に力を入れる傍ら部活動が盛んな高校、

特に、駅伝部(陸上競技部・長距離走)が全国大会の常連であるほか、

体育祭には種目の一つに「駅伝」があったほどです。

麗澤大学の山川達也監督や、国川恭明選手は美方高校のOB、

また、トヨタ自動車の早川翼選手(東海大学OB)も美方高校の出身です。

美方高校の都大路メンバー、注目選手の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】美方高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
平林清澄
2
14分16秒76(19/12/01)
田鳥創太
2
14分56秒02(18/11/30)
小島優輝
3
14分49秒01(18/11/24)
小島大輝
3
14分27秒72(19/12/02)
木下詩音
3
14分56秒03(19/10/07)
佐々木涼介
3
14分58秒85(19/10/07)
小山陽生
3
15分17秒18(18/09/22)
佐々木岳史
3
15分01秒05(18/11/24)
江戸健祐
2
15分08秒62(19/10/07)
東晃成
1
15分15秒74(19/10/07)

【全国高校駅伝2019男子】美方高校の注目選手の進路は?

【全国高校駅伝2019男子】美方高校の3年生の進路は

佐々木涼介選手 【京都産業大学】に進学し競技を継続

小島優輝選手 【城西大学】に進学し競技を継続

木下詩音選手 進学予定 競技継続予定なし

となっています。

また、小島優輝選手の兄の大輝選手も来春からは同じ大学に進学し、競技を続ける予定ということです。

美方高校【小島兄弟】の弟の小島優輝選手(左)と兄の大輝選手は共に【城西大学】で競技を続けられるんですね!

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】美方高校のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?まとめ

ブロック代表という機会をいただいた。支えてくださった方々に少しでも思いを伝えられるように、力いっぱい走りたいと意気込みを語る美方高校。

目標は2時間08分30秒で30位前後ということです。

箱根駅伝や実業団、指導者として活躍する選手を輩出してきた駅伝の伝統校でもある美方高校、

都大路での快走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です