【全国高校駅伝2019男子】宮崎日大のメンバー!注目選手の進路や出身中学と自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する宮崎県代表・宮崎日大は2年連続2回目の都大路出場です。

昨年の全国高校駅伝から1年間、充実した練習生活を送ることができたという宮崎日大高校

目標は【優勝】ということです!

宮崎日大高校の都大路メンバー、注目選手の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】宮崎日大高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
甲斐涼介
2
14分34秒25(19/6/23)
曳田道斗
2
14分29秒23(19/6/23)
湯浅仁
3
14分27秒02(19/9/15)
城戸洸輝
3
14分26秒01(19/9/15)
岡亮介
3
14分40秒59(19/9/15)
佐藤航希
3
14分08秒75(19/9/16)
松井遼太
2
15分03秒59(19/9/16)
日髙龍之介
3
14分51秒88(19/9/16)
矢野朱馬
2
14分55秒96(19/6/23)
西優斗
1
15分25秒49(19/9/15)

【全国高校駅伝2019男子】宮崎日大の注目選手や進路は?

【全国高校駅伝2019男子】宮崎日大の注目選手は、3年生の佐藤航希選手。

佐藤航希選手の出身中学校はは延岡市立西階中学校です。

佐藤航希選手は5000m自己ベスト記録が【14分08秒75】と14分台1桁のスピードランナー、

高校卒業後は【早稲田大学】へ進学し競技を継続予定です。

大学での活躍も楽しみですね!

宮崎日大の主将を務めているのは3年生の湯浅仁選手。

「昨年、初出場の都大路で12位。全国で勝負できると知り、日本一を目標に厳しい練習を続けてきた。

目標に見合った練習と生活を続け、頂点を目指したい。」と都大路への意気込みを語っています。

湯浅仁選手は【中央大学】に進学予定です。

宮崎日大高校3年生で5000mの自己ベストが14分26秒01の城戸洸輝選手は

【明治大学】に進学予定です。

【全国高校駅伝2019男子】宮崎日大のメンバー!注目選手の進路や出身中学と自己ベストは?まとめ

ライバル小林高校に勝ち、2年連続の都大路出場を決めた宮崎日大高校。

昨年創部8年目で初優勝した宮崎日大高校。

1区と2区はともに2年生の甲斐涼介、曳田道斗の2選手が区間賞。

3区で2位小林高校にリードを5秒差まで詰められましたたが、

4~6区は城戸洸輝、岡亮介、佐藤航希の3年生3選手が区間新で突き放しました。

宮崎日大高校のエース、佐藤航希選手は来春からは名門、早稲田大学に進学し競技を継続予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です