【全国高校駅伝2019男子】水島工業のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する中国地区代表・水島工業高校(岡山)は

都大路初出場のチームです!

水島工業高校の都大路メンバー、注目選手の進路、自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】水島工業のメンバー

【全国高校駅伝2019男子】水島工業のメンバーは以下の通りです。

主将を務めるのは和田将希選手

「夢舞台全力で楽しむ」と決意表明をしています。

選手 学年 5000m記録
藤原優樹
3
14分17秒30(19/11/23)
小見山敦成
3
14分32秒74(19/06/15)
土倉光貴
3
14分37秒52(19/11/23)
安藤勘太
3
14分57秒17(19/10/12)
和田将希
3
15分19秒84(18/11/24)
林直樹
2
15分52秒39(19/11/23)
長谷川舜
2
14分56秒35(19/10/12)
松本敦靖
2
15分21秒56(19/06/08)
三宅隼人
2
15分49秒14(19/09/22)
堀口颯亮
1
15分07秒72(19/11/23)

【全国高校駅伝2019男子】水島工業の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】水島工業の注目選手は、3年生の小見山敦成選手です。

5000mの14分32秒74の記録を持つ小見山敦成選手、

小見山敦成選手は高校卒業後【上武大学】で競技を継続予定です。

大学での活躍にも期待ですね!

【全国高校駅伝2019男子】水島工業のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?まとめ

【これまでの支援していただいた全ての方々,応援してくださる方々に感謝の気持ちが届くよう。初の都大路の舞台を楽しみながら全力で駆け抜けます。】

と都大路への意気込みを語っている水島工業高校。

5000mの14分32秒74の記録を持つ小見山敦成選手は箱根駅伝の常連校でもある【上武大学】に進学し競技を継続予定です。

都大路での快走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です