長塩寛至(倉敷)の出身中学校や自己ベスト記録は?高校駅伝や競歩の成績も!

男子70回の全国高校駅伝が22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に7区間42・195キロで行われ、仙台育英(宮城)が12年ぶり8度目の優勝を果たしましたね!

昨年優勝の倉敷(岡山)とデッドヒートを繰り広げ、最後はトラック勝負で振り切った仙台育英高校、

仙台育英の1年生、吉居駿恭選手と

倉敷高校の2年生、長塩寛至選手とのアンカー対決、

5000mの記録で比べると格上の吉居駿恭選手から離されることなくトラックまで勝負を持ち込んだ長塩寛至選手、

最後の最後で吉居駿恭選手のラストスパートについていくことができず逆転を許してしまいましたね・・

前回覇者の倉敷高校のメンバーである倉敷高校の2年生、長塩寛至選手、

出身中学校や自己ベスト記録、駅伝での成績などについてをご紹介していきます。

長塩寛至選手(倉敷高校)の出身中学校は?

倉敷高校の2年生、長塩寛至選手は岡山県岡山市の出身。

出身中学校は、岡山市立竜操中学校です。

長塩寛至選手、越境入学ではなく地元岡山の選手なんですね。

長塩寛至選手(倉敷高校)の自己ベスト記録は?

長塩寛至選手(倉敷高校)の5000m自己ベストは【14分50秒】となっています。

全国高校駅伝の7区、アンカー区間で対決した仙台育英高校の吉居選手の自己ベストが【14分24秒56】なので、

5000mのタイムが35秒ほど速い選手と最後まで離されず戦ったことになりますね!

最後のラストスパートにはついていくことができませんでしたが・・

本当に見事な走りだったと思います。

長塩寛至選手(倉敷)の高校での競技の成績は?

倉敷高校の長塩寛至選手、

2019年8月の全国高校総合体育大会(沖縄インターハイ)で陸上男子の5000メートル競歩で5位という成績を収めています。

11月3日開催された全国高校駅伝の岡山県大会には出場をしていません。

12月22日の全国高校駅伝の7区の区間記録、順位については分かり次第追記をさせていただきます。

長塩寛至(倉敷)の出身中学校や自己ベスト記録は?高校駅伝での成績も!まとめ

2019年、令和初全国高校駅伝、前回覇者の倉敷高校は最終7区で逆転され2位という結果でした。

アンカーを走った2年生の長塩寛至選手は、競歩でインターハイ出場、5000メートル競歩で5位という実績の持ち主です。

2年生の長塩選手、来年リベンジしてほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です