チャールズ・ドゥング(日大)は箱根駅伝山の神候補?結婚や日本語力と実績も調査!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝ですね!

箱根駅伝の”御三家”のひとつと言われているのが日本大学。

ただ、近年は精彩を欠いてしまっていますね、、

今季札幌山の手高校から実業団の小森コーポレーションを経て入学という異色のルーキー、チャールズ・ドゥング選手が入学したことが話題になった日大。

チャールズ・ドゥング選手は関東インカレハーフマラソンで優勝、

日本人エースの阿部涼選手が8位に入るなど明るい話題も!

箱根駅伝では前回14位のメンバー8人が残り、チャールズ・ドゥング選手が加わったため経験値は高い日本大学。

令和初の箱根駅伝で名門の意地を見せたいところですね!

留学生初の「箱根駅伝山の神」になりたいと語っているチャールズ・ドゥング選手、

「あきらめた時点で自分の陸上人生は終わる」と語っている通り、絶対にあきらめないというメンタルの持ち主でもあります。

「もともと上りは得意」だというチャールズ・ドゥング選手、箱根駅伝初の留学生山の神となるのでしょうか・・?

スポンサーリンク

チャールズ・ドゥング(日大)プロフィール

名前 チャールズ・ドゥング
生年月日 1996年2月20日
出生地 ケニア
身長 169cm
体重 53kg
血液型 A
出身中学 マサクワ中(ケニア)
出身高校 札幌山の手高校
好きな女性有名人 西野カナ
宝物 家族
気分をあげているもの カフェイン
箱根が終わったらしたいこと ケニアの家族に合う

スポンサーリンク

チャールズ・ドゥング選手の高校は?実績や経歴を紹介!

チャールズ・ドゥング選手は、来日8年目になるケニア・オカラウ出身のランナーです。

オカラウは、首都ナイロビから150㎞離れた所にあります。

2012年に札幌山の手高校に入学されたチャールズ・ドゥング選手は、数々のレースで実力を発揮します。

全国高校総体5000mでは3年連続2位を獲得し、2,3年時には全国高校駅伝にも出場します。いずれも3区3位を獲得する活躍を見せました。

2015年には、小森コーポレーションに入社しますがニューイヤー駅伝に出場することはできませんでした。

指導者になることを目標とするチャールズ・ドゥング選手は、来日初年度から「すごく良い雰囲気。走ってみたい。」

と憧れていた箱根駅伝へ出場するため、日大スポーツ科学部の門をたたきました。

実業団を経験してから大学へ入学するのは極めて異例のことで、とても注目されています!

(実業団を経て箱根を走った選手といえば、東京国際大学の渡邊和也選手が有名ですね!)

そして、4月から4人部屋での寮生活をスタートさせ、人生初の満員電車の中片道一時間の通学をされています。

「体のケアの授業とか勉強を頑張っています」とのことで、陸上以外の部分でも勉強熱心なところが伝わってきますね!

2017年10月には、母国で14~17歳のジュニア向けの陸上チームを立ち上げられており、練習メニュー作りなどもされ、指導者としても活動をはじめられました。

これから、大学で学んでいる専門知識も役に立っていくでしょうね!

チャールズ・ドゥング選手のベストタイムは?

現在チャールズ・ドゥング選手のベストタイムは、

5000メートル13分25秒32、

1万メートル27分57秒36、

ハーフマラソンは1時間2分23秒となっており、

ケニアの方ならではの身体能力の高さで、日大を引っ張っていかれるでしょう。

チャールズ・ドゥング(日大)は箱根駅伝で山の神を目指す?

チャールズ・ドゥング選手が走ってみたい区間は、5区の山登りだそうです!

それは、まだケニア人が誰も成し遂げていない山の神になりたいという夢があるからなのです!

「山の神」と言えば、箱根駅伝を走る選手の中でももっとも注目されますからね!

そして留学生で山の神と呼ばれた人はまだいません。だから目指したいんだとおっしゃるチャールズ・ドゥング選手の挑戦、見てみたいですね!

スポンサーリンク

チャールズ・ドゥング(日大)は結婚しているの?家族構成は?

チャールズ・ドゥング選手の家族構成は、両親、姉、弟だそうです。

昨年、ご両親には家を購入されたそうです!

高校を卒業してすぐ実業団に入られたのは仕送りなどもしたかったからなのでしょうか?

家をプレゼントするなんて、なんて親孝行なのでしょう。

また、8月にはケニア在住の女性と結婚を控えているとの情報があったので、現在ご結婚されているのではないかと思われます。

人生のパートナーも得て、ますます充実ですね!

現在、23歳のチャールズ・ドゥング選手は来日時の夢を一つずつかなえてこられ、夢だった箱根駅伝に挑まれます。

「チャンスをもらった、箱根駅伝で区間賞を取りたい」と意気込まれていますよ!

チャールズ・ドゥング(日大)の日本語力は?

チャールズ・ドゥング選手は、来日8年目で日本語も堪能だそうです!

インタビューも日本語でOKとのことなので、区間賞を取ってインタビューを受ける姿が見てみたいですね。

陸上競技マガジンの大学駅伝2019年夏号でインタビューを受けているチャールズ・ドゥング選手、

日本語のインタビューで大丈夫ですか?という質問に、

「問題有りません、もう来日8年となりますから、日本語は高校時代にみっちり勉強しました」と答えていますので

相当な日本語力ですね!

チャールズ・ドゥング選手の素顔は?

チャールズ・ドゥング選手の素顔は・・気になりますよね!

好きな食べ物はうなぎで、好きな日本語は「頑張ります」だそうです。

しかし、寮のバイキング形式の食事で脂分を控えるなどのストイックな姿を見せてチームに良い効果をもたらしているとの情報から、

もしかしたらうなぎは特別なとき以外は控えてらっしゃるかもしれませんね。

苦手なものは、納豆と満員電車で、趣味は音楽鑑賞です。

西野カナさんの「Best Friend」はカラオケで歌うお気に入りの曲なのだそうですよ!

チャールズ・ドゥング選手まとめ

ケニア出身、来日8年目のチャールズ・ドゥング選手は、札幌山の手高校から実業団の小森コーポレーションへ入社しましたが、

夢をかなえるために日大へ入学した23歳の一年生です。

日大のエースとして、山の神を目指すチャールズ・ドゥング選手は、たくさんの経験をしてきているので、

すでに日大部員たちに良い効果をもたらしているそうです。箱根駅伝では、ぜひチャールズ・ドゥング選手の走りに注目して下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です