コロナ感染日本航空の客室乗務員は?搭乗した便や行動歴は?家族構成や入院先病院はどこ?

日本航空は9日、50代客室乗務員の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

日本航空の50代の客室乗務員の女性はおととい(3月7日)に感染が確認されたということです。

日本航空の客室乗務員の50代女性は現地時間の先月25日に、アメリカのシカゴから成田空港に向かう便でマスクと手袋をして乗務していました。

女性が乗務していたのは「日本航空009便」で乗客は104人です。(日本時間25日に成田空港に到着した便)

その時点で熱っぽさやだるさがあったものの、今は症状は治まっているということです。

日本航空は同じ便で乗務した客室乗務員12人が濃厚接触者と判断され自宅待機をしていることを発表していますが

同じ便で乗務した客室乗務員12人に体調不良者はいないということです。

なお同じ便の乗客は濃厚接触者と判断されていません。

新型コロナウィルスに感染した千葉県在住の50代の日本航空客室乗務員についてわかっている情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

コロナ感染の日本航空の客室乗務員は誰?乗務した便や行動歴は?

日本航空は、客室乗務員1人について新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表されました。

・性別 女性
・年齢 50代
・住所 千葉県
・職業 日本航空客室乗務員

現地時間の先月25日に、アメリカのシカゴから成田空港に向かう便でマスクと手袋をして乗務。

女性が乗務していたのは「日本航空009便」で乗客は104人です。(日本時間26日午後3時3分に成田空港に到着した便)

先月25日(アメリカ現地時間)に熱っぽさやだるさがあったが、今は症状は治まっている。

同じ便で乗務した客室乗務員12人が濃厚接触者と判断され自宅待機をしているが、体調不良者はいない。

同じ便の乗客は濃厚接触者と判断されていない。

日本航空は3月9日、千葉県在住の客室乗務員の50代女性が、新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

女性は現地時間の先月25日に、アメリカのシカゴから成田空港に向かう便でマスクと手袋をして乗務していました。

女性が乗務していたのは「日本航空009便」で乗客は104人です。(日本時間26日午後3時3分に成田空港に到着した便)

女性はその時点で熱っぽさやだるさがあったものの、今は症状は治まっているということです。

スポンサーリンク

 

新型コロナウィルスに感染した日本航空客室乗務員の自宅住所はどこ?

 

新型コロナウィルスに感染した日本航空客室乗務員は50代女性で「千葉県在住」であるということです。

新型コロナウィルス感染の日本航空客室乗務員の家族構成は?

新型コロナウィルスに感染した日本航空客室乗務員の家族構成、同居家族については現時点で不明です。

新型コロナウィルスに感染した日本航空客室乗務員の家族、濃厚接触者については分かり次第更新します。

スポンサーリンク

新型コロナウィルスに感染した日本航空客室乗務員の入院先の病院や症状は?


日本航空50代の客室乗務員の女性はおととい感染が確認されています。

女性は現地時間の2月25日に、アメリカのシカゴから成田空港に向かう便でマスクと手袋をして乗務しており、

その時点で熱っぽさやだるさがありましたが、今は症状は治まっているということです。

女性が乗務していたのは「日本航空009便」で乗客は104人です。(日本時間26日午後3時3分に到着した便)

入院先の病院については明らかになっていません。

コロナ感染日本航空の客室乗務員は誰?搭乗した便や行動歴は?家族構成や自宅入院先病院はどこ?まとめ

日本航空は9日、千葉県在住の50代客室乗務員の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

日本航空の50代の客室乗務員の女性はおととい感染が確認されたということです。

日本航空の客室乗務員の50代女性は現地時間の2月25日に、アメリカのシカゴから成田空港に向かう便でマスクと手袋をして乗務していました。

 

女性が乗務していたのは「日本航空009便」で乗客は104人です。(日本時間26日午後3時3分に到着した便)

その時点で熱っぽさやだるさがあったものの、今は症状は治まっているということです。

日本航空は同じ便で乗務した客室乗務員12人が濃厚接触者と判断され自宅待機をしていることを発表していますが

同じ便で乗務した客室乗務員12人に体調不良者はいないという。ことです。

なお同じ便の乗客は濃厚接触者と判断されていません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です