【ニューイヤー駅伝2020】西鉄のメンバー!注目選手の経歴や順位予想も!

令和初の駅伝日本一決定戦!

『ニューイヤー駅伝2020』まであとわずかとなりましたね!

群馬県庁発着の7区間、男たちが繋ぐ100kmのドラマ・・

2020年の上州路ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

優勝候補の筆頭はもちろん、4連覇を狙う旭化成!

旭化成には東洋大のエース山本修二選手も加入し、実業団は大学と違って卒業もないため選手層にさらに厚みが増しました!

4連覇に向けてすきのない布陣の旭化成を、

中部王者のトヨタ自動車、前回2位のMHPS、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太選手擁するHONDAが追う展開になると見られる『ニューイヤー駅伝2020』

今回は、『ニューイヤー駅伝2020』の出場チームである西鉄チームに注目!

出場が予想される選手の経歴や自己ベスト

予選会での順位、『ニューイヤー駅伝2020』での目情順位や過去の成績などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄のメンバー!

名前 生年月日 身長
体重
出身地
高校
大学
記録
1500m 5000m 10000m マラソン
石田 和也 1984・9・12 162
52
福岡県
九州国際大付高
東海大
14’15″27 29’26″93 2°11’57”
後藤 敬 1987・8・28 167
56
宮崎県
高千穂高
山梨学院大
14’00″97 29’29″67 2°14’38”
鴛海 辰矢 1988・5・9 163
52
大分県
大分東明高
東洋大
14’11″04 29’09″34 2°24’36”
篠原 義裕 1990・9・6 170
54
山口県
西京高
法政大
13’57″98 28’49″29
野中 久徳 1990・10・27 182
61
福岡県
九州国際大付高
東海大
3’49″90 14’08″14 29’22″24
福田 穣 1990・12・31 166
51
熊本県
大牟田高
国士舘大
14’09″18 28’44″67 2°09’52”
冨田 三貴 1993・5・30 174
56
福岡県
大牟田高
東海大
3’43″48 13’57″65 28’56″78
東 森拓 1994・3・31 177
60
大分県
日本文理大附高
上武大
14’03″80 29’24″05
古賀 裕樹 1996・2・28 170
55
福岡県
大牟田高
山梨学院大
14’09″94 29’04″94
和田 照也 1996・5・23 177
58
福岡県
鳥栖工高
専修大
14’05″36 28’56″09
久保 和馬 1996・12・9 174
56
福岡県
九州学院高
山梨学院大
14’12″08 29’20″90
甲斐 翔太 1991・5・10 169
54
熊本県
大牟田高
日本体育大
13’47″82 28’29″62
ダニエル・キプケモイ 1996・7・5 171
52
ケニア
ソコ高
13’23″97 27’30″47

出典 TBSスポーツスペシャル『ニューイヤー駅伝2020』番組公式サイト

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄の特徴やエースは?

福岡市博多区に西鉄陸上競技部。

個人では各中長距離レースやマラソンでの上位入賞、

また日本代表での出場を目指し、チームとしては全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)で好成績を収めることを目標として活動しています。

マラソングランドチャンピオンシップ出場の福田穣選手(国士舘大学卒)を擁する西鉄陸上部。

九州大会では福田選手がMGCのあとだったこともあり区間6位とふるわず、9年連続7位という結果に終わっています。

5000mの上位7人のタイムが歴代最高という西鉄陸上部。

九州大会でには出場できなかった、後藤敬選手(山梨学院大学卒)、

古賀裕樹選手(山梨大学大学院卒)

また、ルーキーの久保和馬選手(山梨大学大学院卒)という山梨大学大学OB)トリオもニューイヤー駅伝本戦には出場予定とのこと。

福田穣選手もニューイヤー駅伝本戦でのリベンジに燃えているそうです!

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄の目標順位は?

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄の目標順位は【19位以内】となっています。

マラソングランドチャンピオンシップに出場し力をつけてきている福田穣選手、

安定した力を発揮するキプケモイ選手らメンバー全員が力を出し切れば10位台が期待できそうですね!

【ニューイヤー駅伝2020】の過去の成績は?

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄の過去の成績は過去の通りです。

  1. 2017年 35位
  2. 2018年 20位
  3. 2019年 31位

【ニューイヤー駅伝2020】西鉄のメンバー! 注目選手の経歴や順位予想も!まとめ

5年連続17回目のニューイヤー駅伝出場となる西鉄陸上部。

5000mの記録は過去最高と、今季は手応え十分、

チーム一丸となって、過去最高順位の更新を目指します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です