【全国高校駅伝2019男子】大分東明のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する大分県代表・大分東明高校は、

9年連続18回目の都大路出場です。

選手層が厚く、だれがどの区間でも対応できるという大分東明高校、

大分東明高校は留学生を擁するチームで、2年生のダンカン・キサイサ選手は

高校2年生ながら5000m13分56秒91という自己ベストを持つ13分台ランナーです。

大分高校の都大路メンバーや注目選手、3年生の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】大分東明高校のメンバー

 

選手 学年 5000m記録
上野優人(ゆうと)
3
14分35秒16(19/11/24)
遠入剛(えんにゅうごう)
3
14分16秒18(19/11/24)
河野友誠(ゆうせい)
3
14分45秒67(19/11/24)
宮﨑魁舟(かいしゅう)
3
14分54秒02(17/11/25)
小山晴空
2
14分51秒33(19/11/24)
繁永永遠(とわ)
2
15分08秒14(19/11/24)
青木森
3
田上優吾
2
15分08秒00(19/10/19)
ダンカン・キサイサ
2
13分56秒91(19/6/23)
庭瀬俊輝(しゅんき)
2
14分39秒13(19/4/28)

【全国高校駅伝2019男子】大分東明高校注目選手や進路は?

【全国高校駅伝2019男子】大分東明高校注目選手は

5000m14分16秒18という自己ベストはを持つ3年生の遠入剛(えんにゅうごう)選手です。

全国高校駅伝の大分県予選では1区を走っている遠入剛選手。

身長157センチと小柄ながら、3キロ付近で飛び出すとギアを上げ、直後の長い上り坂もテンポ良く駆け上がって後続を突き放しました。

去年も都大路で1区を走ったる遠入剛選手。

「(去年は)区間順位33位。大舞台で自分の走りが全くできなかった」と振り返り、

「今年は3年間の集大成。絶対にリベンジする」と意気込でいます。

遠入剛選手は大分東明高校卒業後【国士舘大学】に進学し競技を継続予定です。

大分東明高校の主将を務めている上野優人選手も【国士舘大学】に進学予定、

大学でもチームメイトになるんですね!

大分県予選では7区を走り力強くフィニッシュテープを切った河野友誠選手は【國學院大學】で競技を継続予定です!

【國學院大學】には、大分東明高校出身で2020年の箱根駅伝のメンバーにも選ばれた木付琳選手がいます。

大学進学後も切磋琢磨していってほしいですね!

【全国高校駅伝2019男子】大分東明のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?まとめ

都大路に5年連続でアベック出場する大分東明高校。

10月の国体で5000メートルを13分台で走り優勝した留学生、2年生のダンカン・キサイサ選手を擁するチームです。

3年連続の都大路出場で、県予選で最長距離の1区(10キロ)を任された遠入剛選手は、大分東明高校卒業後は国士舘大学に進学、

主将を務める上野優人選手も国士舘大学に進学予定で大学でも引き続きチームメイトになります。

國學院大學に進む河野友誠選手らと共に大学での活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です