桶川市コロナ感染の50代男性会社員の勤務先は埼玉県外?スペイン出張後の行動歴や家族構成は?

埼玉県は3月19日、スペインから帰国した桶川市の会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

桶川市の50代男性は、スペイン出張中の13日に悪寒があり、16日に帰国。

羽田空港で検査を受けた際には陰性でした。

帰宅後は自宅内で自主的に隔離。

16日に38・5度の発熱があり、18日に再度検査した結果陽性となったということです。

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性について、現時点でわかっていることをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スペインから帰国した50代の桶川市に住む男性が新型コロナウィルスに感染

埼玉県は3月19日、スペインから帰国した桶川市の会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

埼玉県保健医療部によりますと今月16日に、スペインから帰国した50代の桶川市に住む男性は、スペインにいる間から寒気などの症状があり、

羽田空港検疫所でPCR検査を行いましたが陰性でした。

その後、熱が下がらず帰国者・接触者相談センターに相談し、PCR検査を行ったところ19日、感染が確認されました。

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性の勤務先は埼玉県外?

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性の勤務先は埼玉県外だということで、

男性は自家用車で通勤をしているとされています。

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性のスペイン出張後の行動歴は?

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性は3月10日から仕事でスペインを訪れました。

16日に帰国した際、羽田空港で受けた検査では陰性でしたが、その後、発熱やせきの症状が出て改めて検査を受けたということです。

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性の家族構成は?

桶川市で新型コロナウィルスに感染した50代会社員男性の家族構成、同居家族については公表されていませんでした。

男性はスペインの出張から帰国後は自宅内で自主的に隔離をしていたということです。

まとめ

埼玉県は19日、スペインから帰国した桶川市の会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

今月16日に、スペインから帰国した50代の桶川市に住む男性は、スペインにいる間から寒気などの症状があり、羽田空港検疫所でPCR検査を行いましたが陰性でした。

その後、熱が下がらず帰国者・接触者相談センターに相談し、PCR検査を行ったところ19日、感染が確認されました。

男性容体は安定しているということで、埼玉県が詳しい行動などについて調べることにしています。

埼玉県内での新型コロナウイルスの感染者は19日時点で39人となりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です