鬼塚翔太(東海大)の進路は実業団?髪色は地毛?兄弟(姉)は?黄金世代の就職先はどこ?

箱根駅伝の連覇だけでなく、学生駅伝三冠を目指している東海大学。

出雲駅伝は國學院大學に優勝を譲りましたが・・

全日本大学駅伝では4年生の主力や”黄金世代”のメンガーが外れるなかでも、3年生三本柱の活躍などで見事な逆転優勝を見せてくれましたね!

今回はそんな東海大学の”黄金世代”のひとり、鬼塚翔太選手をご紹介します!

高校長距離界の名門である大牟田高(福岡)時代から名をはせていた鬼塚選手。

大学でも同学年の館澤亨次主将(埼玉栄高校出身)や阪口竜平選手(洛南高校出身)らとともに「黄金世代」と呼ばれ、注目され続けてきました。

そんな鬼塚翔太選手にとって最後の箱根駅伝となり・・

東海大学卒業後はどの実業団で競技を続けられるのでしょうか?

鬼塚選手と一緒に入学をした、東海大学黄金世代たちの就職先についても気になりますね!

鬼塚翔太(東海大)のプロフィール

名前 鬼塚翔太(おにづかしょうた)
生年月日 1997年9月13日生まれ 22歳
出生地 長崎県
身長 170cm
体重 52kg
血液型
出身中学 松浦市立志佐中学校
出身高校 大牟田高校
好きな女性有名人 新木優子
好きな食べ物 焼き肉
自覚している性格 負けず嫌い
宝物 洋服

鬼塚翔太(東海大)の進路は実業団?

東海大学の4年生、鬼塚翔太選手の進路は【DeNAランニングクラブ】に内定したことが明らかになっています。

東海大学からは、主将の館沢亨次選手、スピードランナーの鬼塚翔太選手、スタミナタイプの松尾淳之介選手がそろってDeNAへ進む予定です。

日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーがエグゼクティブ・アドバイザーを務めるDeNAは2018年に駅伝競技から撤退。

各選手が得意とする種目に集中して取り組む方針を決定しています。

DeNAは駅伝に参加しないので、鬼塚選手はトラック競技に専念されることになるんですね・・!

駅伝で鬼塚選手の姿を見ることができるのは、箱根駅伝が最後になるのでしょうか・・

今後ますますスピードに磨きをかけていくであろう鬼塚選手、

今後の活躍が本当に楽しみですね!

鬼塚翔太(東海大)の髪色は地毛?

2019年の箱根駅伝では1区を走った鬼塚選手。

「自分がエースだと思っている」と自信も見せています。

大学の陸上界では珍しい茶髪の鬼塚選手なんですが・・

この髪色は染めてる?って思うくらいに明るいんですが実は【地毛】なんですって・・!

鬼塚選手自身が本当に地毛!!と発言してますので間違いないです。

「地毛なんです。本当に」

こでらん

ただ、鬼塚選手高校時代から地毛の茶髪だったのかな?と思ったら、

高校時代は丸刈りでわかりにくかったのだそう・・!

にいな〜

高校時代の鬼塚選手の写真を見ると、髪型でだいぶイメージが変わる・・!

周囲から「チャラい」と思われることに悩んでいるという鬼塚選手。

鬼塚選手って、見た目も華やかで少し勝ち気な元気なお顔立ちなので、どうしても目立ってしまうのかもしれないですね。

おしゃれには気を使っている鬼塚選手。

箱根の2週間前には髪を切って

「ちょうどいい感じに伸びたときに箱根を走るんです」とのこと・・さらさらヘアをなびかせた鬼塚選手。

最後の箱根も、スピードを活かして1区を走ることになるのでしょうか?

鬼塚翔太(東海大)の兄弟は?姉がいる?陸上競技の選手?

長崎県出身の鬼塚翔太選手。

松浦市立上志佐小学校、松浦市立志佐中学校を卒業した後、

高校長距離界の名門である大牟田高校を卒業しました。

鬼塚選手が生まれ育った長崎県松浦市から、福岡の南部の大牟田高校までは約150km以上、

車で2時間30分ほどかかりますので、高校時代から寮生活だったと思われます。

鬼塚翔太選手、ご兄弟(兄、弟、姉、妹)がいるのかどうか・・気になりますよね。

どうやら、鬼塚選手は

  • 両親

の5人家族で、3人兄弟のまんなか(中間子)であるようです。

実は、鬼塚翔太選手には「母校である大牟田高校の陸上部に弟さんがいるのでは」という情報がありました。

鬼塚選手の弟さんだとされているのが、

現在大牟田高校3年生の「鬼塚秀斗」選手。

  • 名字が同じ
  • 同じ大牟田高校
  • 陸上部の選手

ということから鬼塚秀斗選手は鬼塚翔太選手の4学年下の弟さんではないかとされています。

また、鬼塚秀斗選手は翔太選手と同じ「長崎県松浦市」出身なんですよね!

しかも、出身の中学校も同じです。

かなり・・兄弟説に説得力がありますが・・

ただ、鬼塚翔太選手が4年生、鬼塚秀斗選手が高校3年生なので

もしも、弟だと言われている鬼塚秀斗選手が東海大学や他大学に入学することがあっても、翔太選手とは同じ世代にはならないんですね。

鬼塚翔太(東海大)と同学年の東海大学黄金世代の就職先の実業団まとめ!

以下が、10月4日にスポーツ報知で発表された東海大学黄金世代の就職先です。

DeNAに3人!

SGホールディングスに2人!

11人もの選手が実業団に進むのですね!

  1. 館澤亨次 DeNA
  2. 鬼塚翔太 DeNA
  3. 阪口竜平 SGH
  4. 關颯人 SGH
  5. 中島怜利 大阪ガス
  6. 郡司陽大 小森コーポレーション
  7. 西川雄一朗 住友電工
  8. 松尾淳之介 DeNA
  9. 高田凛太郎 プレス工業
  10. 羽生拓矢 豊田紡織
  11. 木村理来 愛三工業

スポンサーリンク

まとめ

東海大学が誇るスピードランナー、鬼塚翔太選手。

高校時代から地元の長崎を離れ、駅伝の強豪、大牟田高校に進学

高校時代から華々しく活躍し、東海大学黄金世代の1人として入学。

鬼塚選手は地毛が茶色く、サラサラの茶髪をなびかせて走るおしゃれさん。

宝物が洋服だということなのでかなりおしゃれに気を使っているのだと思います。

大学卒業後は主将の館澤亨次選手や松尾淳之介選手らとともにDeNAに進み実業団でも競技を続けることが決定しています。

ただ、DeNAは駅伝には参加しないので箱根駅伝への出場が最後の駅伝となるのかもしれないですね。

また、4学年下に弟さんがいる?とされていますので、もし兄弟揃っての陸上選手ということなら・・弟さんも注目を集めそうですね!

今後の鬼塚選手の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です