【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業のメンバー!注目選手の経歴や順位予想も!

令和初の駅伝日本一決定戦! 『ニューイヤー駅伝2020』まであとわずかとなりましたね!

群馬県庁発着の7区間、男たちが繋ぐ100kmのドラマ・・ 2020年の上州路ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?

優勝候補の筆頭はもちろん、4連覇を狙う旭化成! 旭化成には東洋大のエース山本修二選手も加入し、実業団は大学と違って卒業もないため選手層にさらに厚みが増しました!

4連覇に向けてすきのない布陣の旭化成を、

中部王者のトヨタ自動車、

前回2位のMHPS、

マラソン元日本記録保持者の設楽悠太選手擁するHONDAが追う展開になると見られる『ニューイヤー駅伝2020』

今回は、『ニューイヤー駅伝2020』の出場チームであるプレス工業チームに注目!

出場が予想される選手の経歴や自己ベスト 予選会での順位、『ニューイヤー駅伝2020』での目情順位や過去の成績などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業のメンバー!

名前 生年月日 身長
体重
出身地
高校
大学
記録
1500m 5000m 10000m マラソン
川村 駿吾 1990・1・25 178
59
神奈川県
鎌倉学園高
青山学院大
14’11″11 29’26″46 2°17’05”
今村 俊 1984・10・12 171
54
神奈川県
磯子高
14’04″88 28’56″29 2°19’08”
福島 弘将 1987・7・10 171
56
埼玉県
与野高
上武大
14’05″82 28’54″29 2°14’56”
山田 翔太 1987・12・6 175
59
千葉県
東海大浦安高
順天堂大
14’00″98 29’02″84 2°15’43”
佐々木 寛文 1990・11・13 163
52
千葉県
佐久長聖高
早稲田大
14’04″44 28’43″21 2°14’16”
三宅 雅大 1990・12・8 162
49
長崎県
五島高
13’56″15 29’17″38
池田 紀保 1992・5・28 180
63
宮城県
明成高
大東文化大
3’50″03 13’59″34 28’34″89
稲毛 悠太 1994・10・26 170
56
神奈川県
東京実高
國學院大
14’12″47 29’13″81 2°15’24”
大川 一成 1995・9・15 171
54
神奈川県
藤沢翔陵高
神奈川大
14’10″39 29’15″83
滋野 聖也 1996・12・23 180
59
神奈川県
横浜高
星槎道都大
3’47″4 14’06″27
藤江 千紘 1997・1・7 170
50
神奈川県
湘南工科大附高
国士舘大
14’09″90 29’35″46
赤平 大輔 1999・1・7 179
66
秋田県
大曲工高
3’59″51 14’11″00 29’46″53
猿渡 翔 2000・2・11 168
52
三重県
伊賀白鳳高
14’38″01 31’57″13
長峯 弘宇 2000・8・9 170
53
神奈川県
藤沢翔陵高
4’03″77 14’47″67

出典 TBSスポーツスペシャル『ニューイヤー駅伝2020』番組公式サイト

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業の特徴やエースは?

東日本大会では予選会通過ラインよりも後ろでレースを進めることになってしまったプレス工業。

しかし最終7区で11位争いに浮上。

アンカーで5年目の池田紀保選手が抜け出して11位に食い込み11年連続11回目のニューイヤー駅伝出場を決めました。

東日本大会では1区を任された地元藤沢出身、神奈川大学OBの大川一成選手、

6区で追い上げを見せた稲毛悠太選手(國學院大學出身)ら若手選手

また今季から加入のルーキーである滋野聖也選手(星槎道都大学卒)、地元湘南出身、藤江千紘選手(国士舘大OB)らにも期待できそうです!

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業の目標順位は?

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業の目標順位は【19位】です。

11年前の初出場では37位だったプレス工業。

プレス工業はニューイヤー駅伝では2013年からずっと20位台を維持してきました。

それだけに、初の10位台入りが大きな目標ということです。

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業の過去の成績は?

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業の過去の成績は過去の通りです。

  1. 2017年 29位
  2. 2018年 23位
  3. 2019年 28位

【ニューイヤー駅伝2020】プレス工業のメンバー! 注目選手の経歴や順位予想も!まとめ

2010年第54回大会に初出場し、2019年第63回大会現在に至るまで連続出場しているプレス工業。

練習拠点は神奈川県藤沢市にあります。

東日本大会では執念の追い上げをみせたプレス工業、

令和初のニューイヤー駅伝で悲願の10位台入りを果たしてほしいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です