ライモイ・ヴィンセント(国士舘大)のプロフィール!性格や箱根駅伝での実績斗自己ベストも!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝ですね。

箱根駅伝の常連校のひとつといえば「国士舘大学」

国士舘大学はかつて暴れん坊と呼ばれるほど箱根駅伝で強い大学でしたが、低迷が続く時期もありました。

しかし2019年の箱根駅伝では2区で46年ぶりに首位に立ち、存在感を示しましたね!

10月の予選会で無事予選通過し本戦への出場が決定した国士舘大学。

添田正美監督のパフォーマンスが最高でした!

こでらん

12月にはOBの藤本拓選手(トヨタ自動車)、福田譲(じょう)選手(西鉄)が福岡国際マラソンで日本人1位、2位となるなど

【#時代は国士舘】のハッシュタグでも盛り上がっていますね!

12月29日に発表された箱根駅伝の区間エントリーで、国士舘大学は2年連続で2区にケニア人留学生の大砲、ライモイ・ヴィンセント選手を起用しました。

ライモイ・ヴィンセント選手は、どんなランナーなのでしょうか?

スポンサーリンク

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)のプロフィール

名前 ライモイ・ヴィンセント
生年月日 1996年7月16日
出生地 ケニア
身長 175cm
体重 65kg
血液型 O
出身中学 キバゲンゲ中学校
出身高校 モチョンゴイ高校
好きな有名人 エリウド・キプチョゲ
宝物 シューズ
気分をあげているもの マラソン観戦
箱根が終わったらしたいこと 休むこと

スポンサーリンク

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)の出身中学高校はどこ?

ライモイ・ヴィンセント選手はケニア出身。

キバゲンゲ中学校

モチョンゴイ高校というケニアにある中学、高校を経て来日をしています。

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)の箱根駅伝の実績は?

ライモイ・ヴィンセント選手の箱根駅伝デビューは1年生の時(95回箱根駅伝)です。

エース区間の2区を走り区間3位、ライモイ・ヴィンセント選手の走りで国士舘大学は2区で46年ぶりの首位に立ちました。

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)の自己ベストは?

ライモイ・ヴィンセント選手の自己ベスト記録は以下のとおりです。

  1. 5000m 13分35秒83
  2. 10000m28.03.74(19年)
  3. ハーフマラソン1.00.10(18年)

ライモイ・ヴィンセント選手は3月にイタリアのハーフマラソンで日本記録を上回る1時間00分10秒の快走を見せました。

10000mでは27分台目前、箱根駅伝予選会では2位で国士舘大学の予選会通過に貢献、

ヴィンセント選手とチーム11位のタイム差は6分30秒、

ヴィンセント選手が「大砲」と呼ばれるわけですね!

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大学)の性格は?

ライモイ・ヴィンセント選手、実はとってもチーム思いだということです。

箱根駅伝の予選会ではチームの仲間とともに大喜び、

熱いハートの持ち主なんですね!

前回の箱根駅伝ではチームメイトから「ヴィンちゃん」と呼ばれていました。

ライモイ・ヴィンセント選手、愛されキャラのようですね!

ライモイ・ヴィンセント(国士舘大)のプロフィール!性格や箱根駅伝での実績斗自己ベストも!まとめ

国士舘大学の大砲、ライモイ・ヴィンセント選手。

2年連続の2区で区間記録を狙います。

ライモイ・ヴィンセント選手は留学生にはめずらしい絶妙なペース配分が持ち味ということです、

ペースの上げ下げも巧みということで頼もしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です