梶山林太郎(中央大)の出身中学高校は?自己ベストや駅伝の成績と今季実績も!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

箱根駅伝予選会を10位で通過したのは日本一の箱根駅伝出場回数を誇る中央大学でしたね!

1月の箱根駅伝で11位となり、中大はあと一歩でシード権を逃しました。

箱根駅伝予選会では実力を出しきれず苦戦した中央大学ですが、今季は強力なルーキーが入力するなど明るい話題も!

なかでも注目したいのは、全国的に有名な駅伝の名門、世羅高校出身の梶山林太郎選手です。

高校の先輩である青山学院大学のエース吉田圭太選手を目標としている梶山林太郎選手、

どんな選手なのでしょうか?

梶山林太郎選手(中央大学)のプロフィール

名前 梶山林太郎(かじやまりんたろう)
生年月日 2001年2月19日
出生地 広島県生まれ
身長 174cm
体重 57kg
血液型 O
出身中学 坂中学校
出身高校 世羅高校
ふるさと自慢 お好み焼きと厳島神社
趣味 魚釣り、ネットショッピング
ライバル・目標の選手 山口智哉、吉田圭太
卒業までの目標 日本代表、箱根駅伝優勝

スポンサーリンク

梶山林太郎選手(中央大学)の出身中学高校は?

梶山林太郎選手は広島県の出身です。

出身中学校は、坂町立坂中学校

出身高校は世羅高校です。

世羅高校時代には、インターハイ5000m日本人7位、

高校駅伝1区6位などの実績があります。

坂町立坂中学校から世羅高校までは約85km、

電車で3時間ほどかかりますので・・

梶山林太郎選手は高校時代から競技のために親元を離れて生活されていたのかもしれませんね。

世羅高校といえば全国的に有名な駅伝の強豪校、

梶山林太郎選手は世羅高校の先輩、青山学院大学のエース吉田圭太選手を目標の選手としてあげています。

2019年の箱根駅伝では、

青山学院大学の吉田圭太選手、

早稲田大学の新迫志希選手、

日本体育大学の山口和也選手、

明治大学の中島大就選手ら多くの選手が箱根駅伝のメンバーに選出されています。

梶山林太郎選手も続いてほしいですね!

梶山林太郎選手(中央大学)の自己ベスト記録は?

梶山林太郎選手(中央大学)の自己ベスト記録は以下のとおりです。

  1. 5000m 14.06.99(18年)

梶山林太郎選手(中央大学)の駅伝の成績や今季の実績!

梶山林太郎選手は広島県の世羅高校時代に、

インターハイ5000m日本人7位、

高校駅伝1区6位などの実績があります。

駅伝の実績もある梶山林太郎選手、

夏には梶山林太郎選手の2人でアメリカ合宿も経験!

今後の中央大学での活躍も楽しみですね!

梶山林太郎選手(中央大学)の出身中学高校は?自己ベストや駅伝の成績と今季実績も!まとめ

中央大学のルーキー、梶山林太郎選手は広島県出身。

今までに多くの箱根駅伝ランナーを輩出してきた世羅高校から中央大学に進学。

駅伝の実績があり、順調に成長すればいずれ中央大学チームの中心的世代になりそうな今季1年生のひとりです。

今後の活躍にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です