小野隆一朗(北海道栄高校)の進路は?出身中学はどこ?自己ベストや全国高校駅伝の実績も!

新春の駅伝といえば「全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」ですよね!

全国男子駅伝の最大の特徴は、1、4、5区を「高校生」、2、6区を「中学生」、3、7区を「社会人・大学生」が走る、世代を超えた、たすきリレーだということ!

中高生にとって、オリンピックなど世界で活躍するトップアスリートである郷土の先輩とチームを組み、間近に接する機会はそうそうないですよね?

都道府県対抗駅伝で憧れの選手と接したことでその後の陸上人生が大きく変わっていく・・

中高生にとっては陸上人生のターニングポイントに

また、大学生や実業団選手にとっては自分を育ててくれたふるさとへの恩返しにもなる都道府県駅伝。

1区を走る高校生の区間賞候補のひとりとして注目されているのが、

北海道栄高校の3年生小野隆一朗選手です!

2019年の全国高校駅伝で各校のエースが集う1区で4位と好走した小野隆一朗選手、

小野隆一朗選手の進路(大学)や出身中学校、

自己ベスト記録や駅伝での実績などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

小野隆一朗選手(北海道栄高校)プロフィール

名前 小野隆一朗
生年月日 2001年4月21日生まれ
年齢 18歳
出生地 北海道白糠町
身長 170cm
体重 51kg
家族構成 両親 兄 妹
出身中学 白糠中学校
高校 北海道栄高校
進路 帝京大学
競技歴 小学校1年生〜 (小学校3〜6年は野球とかけもち)
5000m自己ベスト 14分20秒99
10000m自己ベスト 29分16秒36(現・10000m北海道高校男子記録)

スポンサーリンク

小野隆一朗(北海道栄高校)の進路は?


北海道栄高校では主将を務めている小野隆一朗選手、

小野隆一朗選手は北海道栄高校を卒業後、帝京大学で競技を継続予定です。

2020年の箱根駅伝では過去最高タイの「4位」となった帝京大学、

帝京大学には新4年生の星岳選手や小野寺悠選手、

新3年生の遠藤大地選手など、実力のある選手が2020年度も残ります。

小野隆一朗選手の入学で帝京大学の総合力がさらに上がりそうですね!

小野隆一朗選手(北海道栄高校)の出身中学校はどこ?


小野隆一朗選手(北海道栄高校)の出身中学校は、北海道の白糠町立白糠中学校です。

小野隆一朗選手は北海道白糠町出身の18歳、

ご家族はご両親と、お兄さん、妹さんの5人家族ということです。

小野隆一朗選手、3人きょうだいのまんなかという「中間子」ですね!

実は・・北海道白糠町は帝京大学の中野孝行監督の出身地でもあります。

中野孝行監督、地元白糠町の大会などで中学校時代から小野隆一朗選手の走りを見ていたのかもしれないですね・・!

こでらん

小野隆一朗選手(北海道栄高校)の自己ベストは?

小野隆一朗選手(北海道栄高校)の5000mの自己ベストは

2019年の11月に記録した、14分20秒99です。

10000mの自己ベストは、 29分16秒36(現・10000m北海道高校男子記録)です。

帝京大学入学後はさらに自己ベストを更新していくことが期待されますね!

小野隆一朗選手(北海道栄高校)の駅伝の実績は?

2018年全国高校駅伝 3区 17位
2019年全国高校駅伝 1区  4位
2020年全国高校駅伝 エントリー

小野隆一朗(北海道栄高校)の進路は?出身中学はどこ?自己ベストや全国高校駅伝の実績も!まとめ


北海道栄高校3年生、

2020年4月から帝京大学に進学予定の小野隆一朗選手についてご紹介しました。

2020年の箱根駅伝では、北海道栄高校の先輩である藤木宏太選手(國學院大學)が1区を走り区間2位となりましたが、

解説では、冬には雪が膝のあたりまで積もる北海道で〜と紹介されていました。

冬には積雪や路面凍結などで特に中学生、高校生は環境面で他の県に比べハンデのある部分もあると思いますが、

その環境の中でも全国高校駅伝でエース区間の1区4位はすばらしいのひとことですね!

北海道の白糠町出身の小野隆一朗選手、

同じ北海道白糠町出身の中野孝行監督がいらっしゃる帝京大学に進学し競技を継続します。

全国男子駅伝では高校生区間の1区を走ることが予想されており、区間賞候補としても注目される北海道栄高校のエース、

今後の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です