名古屋コロナ感染佐川急便ドライバーの担当エリアはどこ?配達にいつまで出ていた?

佐川急便は9日、名古屋市の港営業所(港区)で配達業務を行う協力会社員の60歳男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

佐川急便名古屋市港営業所は9日に営業所の業務を停止して消毒を行った後、業務を再開するということですが

佐川急便の業務停止により集配業務に遅れが出る可能性があります。

男性は7日朝の出社時に行った検温の際に発熱が確認され、その後配達業務をせずに医療機関を受診したところ、8日夜に陽性と判明しました。

佐川急便はこの従業員と濃厚接触した従業員に対しては自宅での一時待機を指示し、接触した客についても調べるということです。

スポンサーリンク

名古屋コロナ感染の佐川急便ドライバーの担当エリアはどこ?


佐川急便は9日、名古屋市港区の「港営業所」に勤務する60歳代の男性配達員が、新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

名古屋市港区の「佐川急便港営業所」の場所はこちらです。

愛知県名古屋市港区本宮町2-35-1

新型コロナウィルスに感染した佐川急便配達員の男性は宅配協力会社の配達員で、

名古屋市昭和区で配達業務を行っていました。

男性は7日の出社時の検温で37・5度以上の発熱があったため、配達業務をせずに医療機関を受診。

8日夜に陽性が確認されました。

社内の濃厚接触者には自宅待機を指示したほか、配達先にも濃厚接触者がいないかなどを調べているということです。

スポンサーリンク

佐川急便で新型コロナウィルス感染の配達員はいつまで配達業務に出ていた?


新型コロナウィルスに感染した佐川急便の配達員はいつまで配達業務に出ていたのでしょうか?

男性は7日の出社時の検温で37・5度以上の発熱があったため、配達業務をせずに医療機関を受診していますので

おそらく2月6日ころまでは名古屋市昭和区で配達業務を行っていたものと思われます。

宅配便のドライバーさんたちがもし集団感染してしまった場合・・物流が麻痺してしまう恐れがありますね・・


スポンサーリンク

名古屋コロナ感染佐川急便ドライバーは誰?担当エリアはどこ?配達にいつまで出ていた?まとめ


愛知県名古屋市港区の「港営業所」に勤務する60歳代の男性配達員が、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

男性は宅配協力会社の配達員で、名古屋市昭和区で配達業務を行っていたということです。

8日新型コロナウィルス陽性がわかったため、佐川急便港営業所は8日夜から同営業所の業務を停止し、

業務スペースやトラックなどの消毒作業を行っています。

佐川急便は社内の濃厚接触者には自宅待機を指示したほか、配達先にも濃厚接触者がいないかなどを調べています。

スポンサーリンク