【全国高校駅伝2019男子】北海道栄高校のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する北海道地区代表・北海道栄高校は、

2年連続10回目の都大路出場!

目標は、2時間06分台の昨年越え(20位以内)です!

北海道地区代表・北海道栄高校の都大路出場メンバー、

注目選手、3年生の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】北海道栄高校のメンバー

 

選手 学年 5000m記録
小野隆一朗
3
14分20秒99(19/11/02)
工藤吏晟
3
14分36秒79(18/11/23)
森春樹
1
15分00秒61(19/09/28)
宮武和矢
2
14分59秒70(19/09/28)
藤本雄大
1
15分25秒99(19/11/03)
宮本蒼人
3
15分10秒83(19/11/02)
川内唯空
3
15分17秒95(19/09/28)
阪本亮太
2
15分35秒39(19/06/01)
桶谷優太
1
15分48秒94(19/09/28)
下山立眞
1
15分57秒42(19/09/28)

【全国高校駅伝2019男子】北海道栄高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】北海道栄高校の注目選手は、

3年生の、小野隆一朗選手、

同じく3年生の工藤吏晟(りせい)選手です。

主将を務める小野隆一朗選手は、5000mの自己ベストが【14分20秒99】と14分30分を切るスピードランナー、

小野隆一朗選手は北海道栄高校を卒業後、帝京大学で競技を継続予定です。

小野隆一朗選手は北海道白糠町出身、

実は・・北海道白糠町は帝京大学の中野孝行監督の出身地でもあるのです!

帝京大学にご縁があるんですね!

北海道栄高校の主力、工藤吏晟選手は北海道栄高校を卒業後、札幌国際大学に進み競技を継続予定。

関東の強豪私大に進む小野隆一朗選手と、

北海道に残り競技を継続する工藤吏晟選手、

大学での活躍にも期待しましょう!

【全国高校駅伝2019男子】北海道栄高校のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?まとめ

2年連続10回目の都大路に出場する北海道地区代表・北海道栄高校、

スピードが魅力の小野隆一朗主将、

14分台ランナーの工藤吏晟選手という主力選手らの走りに注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です