坂井大我(明治大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝は何区を走る?

だんだんと気温が低くなり、冬の足音が聞こえてきましたね。

年が明ければ、いよいよ令和初の箱根駅伝が開催されます!

毎年、お正月はテレビに食いついて観戦されている方も多いのではないでしょうか?

私もそんなファンの一人です。

より楽しく観戦するために、ぜひぜひ注目選手について知っておきませんか?

ディープな箱根ファンの方はもちろん、なんとなくお正月のテレビは家族が箱根見てるし横目で見てるだけだよ~な方も、

彼氏が箱根ファンだけど初心者で何もわからないからちょっと勉強したい!という方も(笑)、読んで頂けたら幸いです。

今回紹介させて頂くのは、明治大学の河村一輝(かわむらかずき)選手です!

明治大学といえば、箱根駅伝第一回大会から出場し、優勝回数は7度を誇る名門校。

しかしここ数年は低迷し、昨年も17位。古豪の復活を待ち望むオールドファンの方がたくさんいらっしゃいます。

そんな中、2020年96回大会出場への予選会で4位という成績で2年連続61回目の出場を決めました!

今年も明治大学が箱根で見れる!と安心された明治ファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな明治大学の選手の一人である3年生の坂井大我(さかいたいが)選手についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

坂井大我選手(明治大学のプロフィール)

名前 坂井大我(さかいたいが)
生年月日 1998年11月27日
出生地 北海道
身長 171cm
体重 55kg
血液型 O
出身中学 平岡中学校
出身高校 札幌日大高校
好きな女性有名人 みちょぱ
宝物 不明
気分をあげているもの 神社
箱根が終わったらしたいこと 北海道に帰りたい

スポンサーリンク

坂井大我選手の出身中学高校は?

坂井大我選手の出身は北海道です。中学は札幌市立平岡中学校に通われていました。中学時代から全国の記録会にも参加されていたようで、3000mの予選で9:22.83というタイムで18位と記載されていました。その順位表には、現在チームメイトの小袖英人選手や酒井耀史選手、青山学院の吉田圭太選手の名前もあり、中学時代から地域を代表する選手として競技をされていたことがわかりますね!高校は札幌日大高校へ進学されます。札幌日大高校では、インターハイで5000mに出場するも、残念ながら予選敗退となりました。また2017年都道府県駅伝では、5区25位という成績を残されています。そして、前回箱根駅伝MVPである小松陽平選手(東海大学)は、高校時代からのライバルです!小松陽平選手が華やかな活躍を見せている一方で、坂井大我選手は三大駅伝出場をまだ果たせていません。今回2020年箱根駅伝にエントリーされたので、良い結果を残して小松選手を見返して欲しいですね!また、同じ札幌日大高校の一学年下には齋藤晃太選手(日本体育大)と白戸真大(札幌国際大)、2学年下には同じ明治大学のチームメイトでもある杉本龍陽選手がいます。

坂井大我選手の自己ベスト記録は?

坂井大我選手の自己ベストは現在、5000m14分18秒05、10000m29分33秒40、ハーフマラソンは1時間04分41秒です。特に10000mは、2019年11月23日に行われた10000m記録挑戦競技会にて自己ベストを更新されているので、箱根に向けて調子が上がってきているのがわかりますね!

坂井大我選手が箱根駅伝で1番力を出せる区間は?

坂井大我選手が最も力を出せる区間は10区だと思われます。気温の上昇やビル風など体力を消耗する要素もありますが、9区からある程度上位でタスキリレーできれば、安定した走りで大手町へゴールし、目標であるシード獲得もできるのではないでしょうか?当日のエントリーが楽しみですね!

坂井大我選手の素顔は?


坂井大我選手の好きな芸能人はみちょぱさんだそうです!モデルでかわいいのはもちろん、バラエティでも大活躍ですし、テレビで見かけると元気が出るのかもしれませんね。あとは、気分を上げるために神社に行っているそうで、箱根のレース前にもお世話になっている神社を訪れるのではないでしょうか。憧れの選手は、先輩である菊池賢人選手(コニカミノルタ)だそうです!札幌日大高校に入ったのは、菊池賢人選手を指導した先生がいらっしゃったこと、明治大学への入学も菊池賢人選手を追ってのことだったそうです。地元に憧れの先輩がいるって励みになりますよね。そんな坂井大我選手、箱根が終わったら北海道に帰りたいそうです!良い結果を出して、家族やお友達とゆっくり過ごせるといいですね。

坂井大我(明治大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝は何区を走る?まとめ

坂井大我選手は、こつこつと経験と努力を積み重ね、2020年箱根駅伝のエントリーを勝ち取ることができました!箱根予選会ではメンバーから外されましたが、その悔しさをバネに10000mで自己ベストを更新されました。「箱根まであと1カ月どれだけ自分のパフォーマンスを上げて行けるか頑張って行きたい」とおっしゃっています。本番まであと少し。坂井大我選手の走りに期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です