【全国高校駅伝2019男子】札幌山の手のメンバー!注目選手の進路や経歴は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

北海道代表は、2年ぶり10度目の優勝を飾った札幌山の手高校です。

札幌山の手高校のメンバー

注目選手の進路や経歴(出身中学や実績)などをご紹介していきます。

【全国高校駅伝2019】札幌山の手高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
谷川純也
3
14分26秒38(19/11/17)
永島悠平
2
14分47秒70(19/11/17)
キンヤンジュイ・パトリック
1
13分59秒83(19/5/12)
島田拓
2
14分37秒05(19/11/17)
森田大介
2
15分19秒18(19/3/22)
多田奏太
3
14分34秒87(17/12/3)
野田銀
2
15分17秒16(19/11/17)
ワング・イブラヒム
2
14分11秒05(19/3/22)
小保方浩貴
2
15分46秒46(19/11/17)
辻本幸翼
2
15分06秒43(18/5/13)

出典 札幌山の手 高校駅伝2019男子 – 毎日新聞

【全国高校駅伝2019】札幌山の手高校の注目選手は?進路や出身中学と実績も紹介!

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する北海道代表・札幌山の手高校、

注目選手は3年生のエース多田奏太(かなた)選手です。

多田奏太(かなた)選手(札幌山の手高校)のプロフィール

氏名 多田奏太(ただ・かなた)

生年月日 2001年10月12日生まれ

年齢 18歳

身長 168cm

体重 51kg

血液型 O型

出身地 北海道旭川市

出身中学校 旭川市立神居東中学校

進路 青山学院大学法学部

小学校4年生で陸上競技をはじめる。

6年生で全国クロスカントリーリレーに出場。

中学では部活がなく「旭川AC」に所属。

2年で全道中学3000メートルで4位、3年で優勝。

3年の全国中学8位。

高校3年の全道高校5000メートル7位。

自己ベストは3000メートル8分31秒、

5000メートル14分34秒87。

札幌山の手のエース多田奏太選手(かなた)は、大学駅伝強豪・青山学院大(法学部)の推薦試験に合格。

2020年春からは青山学院大学の陸上部に進みます。

【全国高校駅伝2019】札幌山の手高校のメンバー!注目選手の進路や経歴は?まとめ

北海道北見市で開かれた北海道高校駅伝競走大会で、男子は札幌山の手が2年ぶり11回目を決めましたね!

注目はエースで副主将を務める多田奏太選手!

多田奏太選手は2020年春に青山学院大学法学部に進学、

高校、大学の先輩である小椋裕介選手(ヤクルト)が目標ということです。

昨年6連覇を阻まれた2位北海道栄に2分差をつけて雪辱を果たした札幌山の手高校、

都大路でどんな戦いを繰り広げていくのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です