佐藤雄志(東京国際大)の進路は?出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝にエントリー!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

戦国駅伝となった箱根駅伝はいわゆる5強(東海 青山学院 東洋 駒澤 國學院)の優勝争いが展開されそうですが・・

その5強に勝負を挑むのではないかと思われるのが

箱根駅伝予選会トップ通過の【東京国際大学】です。

今季の東京国際大学の強みは4年生の主力が十分に揃っていて選手層が暑いこと!

東京国際大学の4年生のラストイヤーに勝負を懸けたいところです・・!

2020年大会はシード圏内はもちろん、上位にくい込んできそうな東京国際大学!

12月10日、東京国際大学の箱根駅伝登録メンバーの16人がついに発表されましたね!

今回は東京国際大学の箱根駅伝メンバーの一人、佐藤雄志選手をご紹介します!

スポンサーリンク

佐藤雄志選手(東京国際大学)のプロフィール

名前 佐藤雄志(さとうゆうし)
生年月日 1997年5月28日生まれ
出生地 山形県
身長 170cm
体重 55kg
血液型 A
出身中学 鶴岡第三中学校
出身高校 鶴岡工業高校
好きな女性有名人 ダヒョン
宝物 ナポリ
気分をあげているもの 音楽
箱根が終わったらしたいこと ラーメン、ポテチ

スポンサーリンク

佐藤雄志選手(東京国際大学)の進路は?

現在東京国際大学4年生の佐藤雄志選手。

佐藤雄志選手の東京国際大学卒業後の進路については、

一般企業への就職で、競技継続はナシということです。

佐藤雄志選手、東京国際大学卒業を機に競技生活にはピリオドを打つようです。

佐藤雄志選手(東京国際大学)の出身中学高校は?

佐藤雄志選手(東京国際大学)は山形県鶴岡市の出身。

高校時代には東洋大学の大澤駿選手、法政大学の奥山智広選手らと山形県高校総体の5000m決勝で対決、

4位に入っています。

山形県縦断駅伝では2年連続区間賞獲得など、

地元山形県の駅伝でも大活躍しています。

佐藤雄志選手(東京国際大学)の出身中学校は、鶴岡市立第三中学校、

佐藤雄志選手(東京国際大学)の出身高校は、鶴岡工業高校です。

大学入学まではずっと山形県鶴岡市の学校に通っていたんですね。

佐藤雄志選手が東京国際大学に進学したきっかけは

鶴岡工業高校の先輩・鈴木博斗さんの影響を受けたことだったそうです。

佐藤雄志選手(東京国際大学)の自己ベストは?

佐藤雄志選手(東京国際大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分17秒83
  2. 10000m 28.55.41(19年)
  3. ハーフマラソン 1.06.20(19年)

佐藤雄志選手(東京国際大学)が箱根駅伝にエントリー!希望の区間は何区?

佐藤雄志選手(東京国際大学)、箱根駅伝ではどの区間を走ることが予想されるのでしょうか?

佐藤雄志選手(東京国際大学)が箱根駅伝で1番力を出せる区間は【7区】

ということです。

箱根駅伝ではエース伊藤達彦選手と留学生が往路の主要区間を担えば首位争いに加わってくるかもしれません!

29日の区間エントリー発表が楽しみですね!

佐藤雄志選手(東京国際大学)の進路は?出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝にエントリー!まとめ


今季の大学駅伝をおもしろくしてくれている東京国際大学。

初出場の全日本大学駅伝では、エース伊藤達彦選手が区間賞の走りで13人抜きし首位に進出、

2人いる強力な留学生ルカ・ムセンビ選手、ヴィンセント選手もいて

大学駅伝「5強」に割って入ってきていますね!

2020年箱根駅伝での目標はシード権獲得と総合8位ということですが、シード権の獲得はかなり濃厚な位置にいるといえるようです。

最高順位15位の東京国際大学、怒涛の快進撃を箱根駅伝でも見せてくれると思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です